주요 기사 바로가기

韓経:「今月韓米首脳会談でワクチン協力が最優先議題に…経済協力の強化も議論すべき」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.05.07 09:16
0
専門家らは韓米首脳会談に上がるべき第一の議題として「新型肺炎協力」を挙げた。文在寅(ムン・ジェイン)大統領とジョー・バイデン米国大統領は21日(現地時間)、米国ホワイトハウスで初めての対面会談を行う。

今回のアンケート調査で「韓米首脳会談で主な議題は何にするべきか」という質問に回答者の38%が「ワクチンスワップなどコロナ協力」と答えた。鄭義溶(チョン・ウィヨン)外交部長官は先月20日、国会外交統一委員会の緊急懸案質問でコロナワクチンの確保のために米国と「ワクチンスワップ」を協議中だと明らかにした。ワクチンスワップは、ワクチンの余裕分がある国がスワップを結んだ相手国にワクチンを貸し、後ほど受けたりワクチンの生産施設などを提供されたりする形式だ。

主な議題として「韓米経済協力の強化」を挙げた回答が34%と後に続いた。米国は今回の首脳会談で中国に対する牽制のために韓国に半導体技術同盟の結成を呼びかけるだろうという観測が出ている。そのほかに、5世代(5G)通信、バッテリー、レアアースなどに関連した経済協力事案が議論のテーブルに上がる可能性も取り沙汰される。また、専門家らは「南北関係の改善」(14%)、「韓日関係の改善」(4%)、「韓米同盟の復元」(2%)などを主な議題に選んだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP