주요 기사 바로가기

韓国海軍、すべての艦艇・主要部隊で「距離2.5段階」に引き上げ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.04.23 11:54
0
韓国海軍が23日、32人の集団感染が発生した艦艇に直ちに隔離措置を取り、すべての艦艇と主要部隊に対して軍内の「距離」を2.5段階に引き上げた。

海軍はこの日午前、ブ・ソクジョン海軍参謀総長主管の緊急指揮官会議を開き、こうした内容の特別防疫対策の施行を決定したと説明した。

これを受け、すべての艦艇と釜山(プサン)・鎮海(チンヘ)・平沢(ピョンテク)・東海(トンヘ)・木浦(モクポ)・仁川(インチョン)・済州(チェジュ)・浦項(ポハン)などの主要部隊では、この日から2週間「距離2.5段階」が維持される。

また、すべての艦艇の乗組員を対象にPCR検査を進行中で、陰性が確認されるまで諸条件を考慮して原則的に艦艇内待機措置を取る予定だと伝えた。

◆「最初の感染者、出港後に子どもの保育園での感染発生を把握」

海軍によると、この日午前10時現在、関連感染者は32人という。最初の感染者は海軍の幹部で、20日に鎮海港を出発して平沢港に移動している途中、子どもの保育園での感染者発生を知った。

その後、1人隔離されたまま22日に平沢港に入港した後、付近の病院で検査を受けた結果、陽性と判明した。共に搭乗していた乗組員83人を対象に全数検査をした結果、31人が陽性と判明し、48人が陰性だった。残りの4人は検査が進行中だ。

国防部によると、この日、軍内で感染者が計37人確認された。艦艇での集団感染32人のほか、海軍で兵士1人、陸軍で幹部2人、空軍で幹部2人がそれぞれ陽性判定を受けた。現在まで軍内の累計感染者数は750人。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国海軍、すべての艦艇・主要部隊で「距離2.5段階」に引き上げ

    2021.04.23 11:54
    뉴스 메뉴 보기
    海軍資料写真 青瓦台写真記者団
    TOP