주요 기사 바로가기

米中武力対決…米空母ルーズベルトの圧迫に中国は空母遼寧を稼動(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.04.12 11:25
0
中国も退かなかった。すでに米空母の出撃を予想したように空母「遼寧」の戦団を東シナ海に送り込んだ。日本の防衛省統合幕僚幹部は3日午前8時、長崎県男女群島南西側470キロメートル海域で中国の空母戦団を発見したと明らかにした。遼寧をはじめ駆逐艦「南昌」、護衛艦「黄岡」、補給艦「呼倫湖」など6隻の戦艦船団だった。これらは第一列島線内の宮古海峡を通過し台湾海域北側に入ってきた。クアッド演習を行っている米国と日本に対する同時警告だった。

空母戦団に含まれた南昌は中国最大規模の誘導弾駆逐艦だ。昨年1月に就役した1万2000トン級南昌は最新対空・対艦ミサイルと電子戦システムを備えた核心戦力に挙げられる。国営環球時報は「空母戦団に乗組員が全員搭乗して出動したのは初めて」としながら実戦態勢に備えていることを強調した。

中国はまた、2番目の保有空母である「山東」の戦力も初めて公開した。2019年12月に就役した山東はこれまで細部事項が明らかになっていなかった。中国CCTVは6日、「F15戦闘機36機を搭載できる山東の格納庫規模は米海軍空母ニミッツと対等だ。甲板の長さは300メートル、高さは20階以上であり、対艦ミサイル迎撃用艦砲は1分当たり1万発以上発射できる」と伝えた。格納庫内部と防御装備、訓練場面を明らかにして威力を誇示した。国営グローバルタイムズは「山東が近く公海上で必要な正式機動に出ることになるだろう。遼寧とともに二重展開に出るだろうと示唆した」と伝えた。

空母11隻を保有する米国に比べ中国は現在2隻を保有していて劣勢だ。だが原子力空母を含め4隻を追加で建造することにしており海軍力増強にスピードを出している。中国軍事専門家の宋忠平氏は「中国は人民解放軍創建100周年を迎える2027年までに米軍と肩を並べられる軍隊を作ろうという目標を持っている。スマート空母と大型駆逐艦、水陸両用攻撃船は中国の利益と安保を守る核心項目」と話した。

中国の台湾圧迫は危険水位を行き来している。台湾国防部は3~9日に1週間連続で中国の軍用機が台湾の防空識別圏に進入したと明らかにした。5日に10機、7日に15機など合計44機に達し最も多い規模だ。米中対立激化の中で中国は台湾を相手に対米威嚇を見せている。 米中武力対決…米空母ルーズベルトの圧迫に中国は空母遼寧を稼動(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    米中武力対決…米空母ルーズベルトの圧迫に中国は空母遼寧を稼動(2)

    2021.04.12 11:25
    뉴스 메뉴 보기
    中国初の空母である「遼寧」。[中央フォト]
    TOP