주요 기사 바로가기

中国産ビビンバを食べた俳優ソン・ジュンギ…徐ギョン徳教授「この時期に残念」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.03.17 14:58
0
誠信(ソンシン)女子大学の徐ギョン徳(ソ・ギョンドク)教授が最近、韓国ドラマに中国企業のビビンバ製品が間接広告(PPL)で登場したことについて憂慮を示した。

徐教授は16日、自身のフェイスブックで「tvNドラマ『ヴィンチェンツォ』で『中国産ビビンバ』がPPLで登場した」とし、「ドラマ制作費充当のために選択された状況だろうが、最近のような時期に、実に残念な決定だと思う」と述べた。

続けて「最近、中国はキムチ、韓服、パンソリなどを『自国の文化』だとあきれた主張をし続けている」とし、「今回のPPLは韓国をターゲットにしたものというよりは、韓国ドラマの世界への影響力によって多くの国に製品プロモーションを狙ったものではないかと思われる」と述べた。

また、「中国語で書かれた使い捨て容器に入ったビビンバが、ともすると、海外の視聴者に中国料理という誤解を招きかねない」と憂慮を示した。

問題になったシーンは14日に放送された8話のもの。主人公のヴィンチェンツォ(ソン・ジュンギ扮)がインスタントのビビンバを食べるシーンがあったが、製品の表面には中国語が書かれていた。「韓国式ビビンバ」の形ではあったが、これは中国企業「Zihaiguo」の製品だと分かった。

このような場面は最近、中国のキムチ工場問題後、韓中間の文化的葛藤が高まっ状況と重なり、議論になった。特に最近、『女神降臨』など韓国の人気ドラマで、中国PPLが相次いで問題になり、懸念が続いている。

一方、中国の文化歪曲問題を提起してきた徐教授は最近、中国のネットユーザーのメールやDM(ダイレクトメッセージ)、コメントに悩まされていると吐露している。

徐教授は「メールとSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)のメッセージで口にできないような罵詈雑言で多くの攻撃を受けている」とし「最近、K-POPやK-ドラマなど韓国文化のコンテンツが世界的な人気を博したことから、アジアのトレンドを韓国が主導する様相が見られ、これに対する危機感から始まった『歪んだ愛国主義』と見ることができる」と指摘した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    中国産ビビンバを食べた俳優ソン・ジュンギ…徐ギョン徳教授「この時期に残念」

    2021.03.17 14:58
    뉴스 메뉴 보기
    tvNドラマ『ヴィンチェンツォ』に登場したビビンバ
    TOP