주요 기사 바로가기

特殊注射器のない日本、「インスリン用注射器で7回接種」苦肉の策

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.03.10 06:42
0
日本のある病院がインスリン用注射器を利用して新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)ワクチンの投与回数を1瓶あたり現在の5回から7回に増やす方案を提案した。

9日、日本経済新聞などによると、京都府の宇治徳洲会病院は糖尿病患者に使うインスリン用注射器を使えばファイザーワクチン1瓶あたりの接種回数を7回まで増やすことができると明らかにした。病院側は「接種可能な人数を4割増やせる画期的な方法だ」と紹介した。

本来、ファイザーワクチン1瓶あたりの推奨接種人員は5人だ。だが、注射器に残る薬液を最小化する特殊注射器を使えば6人に接種できるというのが米国食品医薬局(FDA)の判断だ。

ところが問題は日本政府が特殊注射器を確保できなかった点だ。そうでなくてもワクチンの供給が遅々として進まない状況で、政府の準備不足を叱責する声が大きかった。

切羽詰まっている日本政府はインスリン用注射器使用を否定しないという雰囲気だ。田村憲久厚生労働相は9日、「(インスリン用注射は)皮下注射用で針が短いため、脂肪が少なく筋肉まで針が届く人でなければ使えない」としつつも「エコー検査で調べて筋肉まで届くのであれば、医療機関でやってもらうことは否定しない」と明らかにした。

インスリン用注射器の針の長さはワクチン用注射器の半分程度だ。病院側は「日本人は欧米人よりも皮下脂肪が薄く、インスリン用で筋肉注射が可能だ」と主張した。実際、この病院では超音波検査で皮下脂肪の厚さを測り、注射器を使い分けていると産経新聞は伝えた。

ワクチン接種の責任を負っている河野太郎行政改革相も「こういう創意工夫はどんどんやっていただきたい」と励ました。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    特殊注射器のない日本、「インスリン用注射器で7回接種」苦肉の策

    2021.03.10 06:42
    뉴스 메뉴 보기
    新型肺炎ワクチンの接種に使われる最小残量(LSD)注射器。[写真 大韓看護協会提供]
    TOP