주요 기사 바로가기

文正仁氏「バイデン政権、北朝鮮担当高官級政策調整官を選任すべき」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.02.10 08:33
0
韓国の文正仁(ムン・ジョンイン)大統領統一外交安保特別補佐官が9日(現地時間)、香港メディアのアジアタイムズの単独インタビューで、バイデン政権が米朝対話を再稼働する案について「北朝鮮問題を担当する高官級政策調整官(a senior policy coordinator)を選任すべき」と主張した。また、ジョン・ケリー元米国務長官とウェンディ・シャーマン米国務副長官候補者を候補に選んだ。

文氏は「バイデン政権は北朝鮮との交渉でボトムアップ方式を好むはず」とし「この場合、米国は十分な権限が委任されない北朝鮮側のカウンターパートと向き合うことになり、交渉でいかなる成果も出せなくなるかもしれない」と指摘した。続いて「議会とも緊密に意思疎通できる高官級調整官が出て北朝鮮との意思疎通を主導すべき」と助言した。さらに「この場合、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長も米国と会う意思を見せるはず」と予想した。

文氏は「6カ国首脳会談または6カ国北東アジア安保首脳会談の稼働」も提案した。ただ、2009年に6カ国協議が成果なく終わったことを考慮し、「(従来の6カ国協議より)さらに大きな役割ができるよう過去とは違う水準で会談が始まらなければいけない」と助言した。

文氏は「北核問題解決のための6カ国首脳会談が始まり、ここに中国が参加すれば、米中関係改善のための機会になる」という見方も示した。また「トランプ大統領当時と同じくバイデン政権でも『首脳外交』は北核問題解決のための立派な手段になる可能性がある」と分析した。文氏は「私が聞いたところ、トランプ大統領は金正恩委員長に会うことを引き止める参謀に向かって『そのような官僚主義的な思考のために過去の大統領は失敗した』と叱ったようだ」と話した。

2019年に決裂したハノイ米朝首脳会談については「貴重な機会を逃した」とし「米朝両国が初期の信頼構築過程で小さな成功でも得られなければ、その後の非核化進展は難しいことを米国が理解しなければいけない」と助言した。

文氏は金正恩委員長が非核化に対して「十分に誠意を持っている」と評価した。また2018年9月の平壌(ピョンヤン)南北首脳会談に同行し、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の綾羅島(ヌンラド)5・1競技場での演説を前列で観覧した記憶を振り返った。文氏は「文在寅大統領の演説に平壌全体人口の10分の1にのぼる15万人の観客が熱烈に拍手をする姿はまさに『歴史的瞬間』だった」とし「北朝鮮内部の非核化意志を集団的に見せた場面」と評価した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    文正仁氏「バイデン政権、北朝鮮担当高官級政策調整官を選任すべき」

    2021.02.10 08:33
    뉴스 메뉴 보기
    文正仁(ムン・ジョンイン)大統領統一外交安保特別補佐官
    TOP