주요 기사 바로가기

現代車、「ジェネシス+SUV」効果で…10-12月期営業利益、前年比40割以上増加

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.01.26 18:05
0
現代自動車が新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の余波にも昨年10-12月期に1兆6000億ウォン(約1500億円)台の営業利益を記録した。特に、10-12月期の営業利益は前年同期より40%以上増加したもので、「ツーソン」「パリセード」などスポーツ用多目的車(SUV)と「ジェネシス」の新車効果が加えられた結果という分析だ。現代車は今年には4つのモデルの電気車を発売してエコカー市場を攻略するという方針だ。

現代車は26日「昨年10-12月期に売り上げ29兆2400億ウォン、営業利益は1兆6410億ウォンを記録した」と明らかにした。昨年同期に比べ売り上げは5.1%、営業利益は40.9%増加した数値だ。現代車のソ・ガンヒョン財経本部長(副社長)は「新型肺炎の再拡大の影響で10-12月期の販売量は昨年比減少したが、GV80・G80などジェネシス高級車とSUVの販売が増えて営業利益が大幅に改善された」と説明した。

現代車が昨年10-12月期に記録した営業利益率(5.6%)は2017年7-9月期(5%)以降13期ぶりに5%の壁を越えたものだ。2012~2013年に記録した2桁の営業利益率には及ばなかったが、1%台まで下落したとき(2018年7-9月期)に比べるとかなり反騰したという評価だ。

ただし、現代車の昨年年間売り上げは103兆9980億ウォンで、一年前(105兆7500億ウォン)より約1.7%減った。また、年間営業利益(2兆7800億ウォン)も2019年(3兆6100億ウォン)より23%減少した。特に、営業利益の減少幅が大きいのは10-12月期の実績に「シータ2」のエンジンをはじめ、品質引当金の名目で約2兆1400億ウォンを反映したのが影響を及ぼしたとみられる。

現代車はこの日、実績発表とともに初めて専用電気車である「アイオニック5」の発売日程も明確に公開した。現代車のク・ジャヨンIR担当(専務)は「アイオニック5は3月から欧州を皮切りに韓国、米国市場に順に発売する計画」と説明した。アイオニック5には現代車が自主開発した電気車専用プラットホーム(E-GMP)を採用している。だが、現代車は最近アップルとの電気車協力に関連しては特別な言及をしなかった。

現代車は今年自動車市場については慎重な見通しを出した。現代車は「アバンテ・ソナタ・グレンジャー」セダンに続き、今年はジェネシスSUVと電気車までラインナップを多様化する。ク・チャヨン専務は「各国の景気刺激政策の効果で自動車市場の需要回復が現れると予想されるが、新型肺炎以前の水準への回復は期待し難い。競争の深化および非友好的な為替など厳しい経営環境が続くだろう」と見通した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    現代車、「ジェネシス+SUV」効果で…10-12月期営業利益、前年比40割以上増加

    2021.01.26 18:05
    뉴스 메뉴 보기
    現代車が電気車専用プラットホーム「E-GMP」を初めて採用したアイオニック5のティーザーイメージ
    TOP