주요 기사 바로가기

北朝鮮、昨日平壌で党大会慶祝公演…金正恩氏出席

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.01.14 11:49
0
北朝鮮労働党第8回大会の閉幕行事として文化芸術記念公演が開かれ、公演に金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(労働党総書記)が参加した。

労働党機関紙「労働新聞」が14日「労働党第8回大会を慶祝する大公演『党を歌う』が1月13日平壌(ピョンヤン)体育館で盛大に開かれた」と報じた。

行事には金正恩(キム・ジョンウン)委員長をはじめ、崔竜海(チェ・ヨンヘ)最高人民会議常任委員長、趙甬元(チョ・ヨンウォン)党書記、李炳鉄(イ・ビョンチョル)党中央軍事委員会副委員長、金徳訓(キム・ドクフン)内閣首相などが公演を観覧した。趙書記は今回も2番目に呼称され、急激に高まった地位を誇示した。

新聞は「歓迎曲が響く中で敬愛する総書記同志が観覧席に出ておられると暴風のような『万歳』の歓声が沸き起こった」と伝えた。

また「貫ろくのある重要芸術団体をはじめ、軍隊や社会芸術団体、芸術教育機関創作家、芸術家、体育人と青少年生徒らが出演した公演は第1部と第2部に分かれて行われた」と説明した。また「不滅の頌歌『金日成(キム・イルソン)将軍の歌』が管弦楽と歌で鳴り響くと場内には自主の新しい時代を切り開いて革命的党と国家、武力建設の世紀的模範を創造された偉大な首領への燃えるような敬慕の情が熱くあふれた」とした。

通信は「公演が終わると敬愛する総書記同志を敬って上がる『万歳』の歓声がまた再び場内に鳴り響いた」とした。

また「総書記同志は熱狂的な歓呼に熱く答礼され、百戦百勝の労働党の思想と偉業の正当性と不敗性を大叙事詩的な絵画で見せた出演者の公演成果に満足を示した」と伝えた。

さらに「第8回党大会を意味深く慶祝した大公演は党大会の決定貫徹に一心専力することでわが式社会主義建設の新しい勝利を操り上げる全体党員や人民、人民軍将兵の鉄石のような信念と気概を誇示した」と強調した。

この日、党大会参加者を対象にした講習も行われた。趙甬元党書記と朴泰成(パク・テソン)党書記が講習に出現して党大会の決定を実践する案に言及して党の路線と政策、事業に献身的に服務してしいと呼びかけた。

関心が集まっていた軍事パレードを開催するかどうかに関する言及はなかった。これに先立って、北朝鮮は各界元老を党大会記念行事に招き、大会閉幕後に軍事パレードを行うのではないかという観測が出たりもした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    北朝鮮、昨日平壌で党大会慶祝公演…金正恩氏出席

    2021.01.14 11:49
    뉴스 메뉴 보기
    金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長
    TOP