주요 기사 바로가기

日本産水産物と海水、釜山で放射能検査…「すべて適合」

ⓒ 中央日報日本語版2020.12.24 09:50
0
釜山市(プサンシ)保健環境研究院は24日、今年大型スーパーや百貨店などで流通する食品717件に対し放射能検査を実施した結果、すべて適合判定が出たと明らかにした。

釜山市は特に日本政府の原発汚染水海洋放流計画で食品の放射能汚染に対する懸念が大きくなり検査件数を増やしたという。

品目別では、水産物が209件、加工食品が426件、農畜産物が82件で、このうち日本産食品は218件だった。検査対象食品のいずれも放射能汚染から安全な適合判定を受けたと研究院は伝えた。

研究院はまた、昨年争点となった日本の活魚車の安全性と関連し、水産物と海水に対する放射能検査でも問題はなかったと明らかにした。日本の活魚車の海水も2回検査したが、韓国の海水放射能濃度と大きな差はなかった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP