주요 기사 바로가기

歌手Rain「3週間にわたり自宅前で大声出し暴れ…門壊して無断侵入」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.12.16 17:38
0
歌手Rainの自宅を訪ね20年前に父親がつけで購入したコメの代金を返せと騒動を起こした容疑で70代の夫婦が罰金刑の執行猶予を宣告された中、Rainがこれまでの状況を伝えた。

Rainは16日に公式立場を出し、「母が死去してから20年間、根拠資料や借用証なく母の債務を偽り主張した人たちが多かったためこれに対する対応を法律事務所の弁護士に任せてきた。弁護士とRain側代表は今回の事件に関連して相手側と会い状況を把握したが、借用証などの証拠を確認できず、これを不振に思ったRain側弁護士は裁判所の判決を受けるのが必要と判断し法的に対応し、結局裁判所がRainの父の手を上げた」と説明した。

Rainは「これに対し相手側は控訴したが訴訟過程で請求を放棄することで調停が成立し、Rainの母の汚名をそそぐことになった」と伝えた。

その上でRainは「裁判所の判決にも、相手側は恨みを抱いて2019年12月から2020年1月まで約3週間にわたりRainの自宅を訪ねて大声を上げ暴れたりして警察が10回も出動した。最後にはRainの自宅の門を壊し無断で侵入した」と背景を説明した。

これに先立ちソウル西部地裁は10日に暴力行為など処罰に関する法律違反(共同財物損壊・共同住居侵入)容疑で裁判にかけられた70代の夫婦にそれぞれ罰金70万ウォンと執行猶予1年を宣告した。

彼らは今年初めにRainとキム・テヒ夫婦とRainの父親が住む家を訪ねたが、Rainの父親らが自分たちと会わないことから「コメの代金を返してほしい」と大声を出しながら門を何回も叩き20万ウォン相当の開閉器を壊した容疑を受けている。彼らは門を強制的に開けた後、無断で入口と庭まで侵入したという。

裁判所は「被害者側が相当な精神的苦痛を受けてきた事案。被害者が処罰を望んでおらず、過去の厳しい時期に互いに交流しながら生きてきた双方の人生経験と現在高齢の被告の状況を考慮した」と量刑理由を説明した。

被告の夫は2018年にオンライン掲示板に餅屋を経営していたRainの両親に1500万ウォン分のコメと現金800万ウォンを貸したが返済されていないという内容の投稿をしていた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    歌手Rain「3週間にわたり自宅前で大声出し暴れ…門壊して無断侵入」

    2020.12.16 17:38
    뉴스 메뉴 보기
    歌手Rain
    TOP