주요 기사 바로가기

韓経:韓国野党「K防疫を自画自賛してきたが、防疫・ワクチンに大失敗」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.12.14 08:01
0
国民の力は新型肺炎の拡大事態に対して「能無さがもたらした大災難」と韓国政府を責め立てた。政府が「ワクチン確保戦」に出遅れたうえに、病床や医療スタッフもしっかりと備えていない状況で「自画自賛」にだけ力を入れてきたと批判した。

国民の力の金鍾仁(キム・ジョンイン)非常対策委員長は13日、党新型肺炎対策特別委員会緊急会議に参加して「治療と管理をきちんと受けることができず、症状が悪化した患者が発生し、家庭内感染が懸念されるだけでなく一般医療患者の治療体系に赤信号が灯っている」とし「(政府が)過去10カ月間いったい何をしたのか問わざるを得ない」と批判した。また「K防疫」を自画自賛してきた文在寅政権の繰り返された国民に対する「詐欺」の発言が大統領の無能さのせいであれ、参謀陣の虚偽報告のせいであれ、すべての責任は文大統領にあるということを肝に銘じてほしい」と指摘した。

ワクチン問題も取り上げた。金委員長は「ワクチンの確保が急務でないとの政府当局の繰り返された立場は国民の怒りに油を注いだ」とした。また「政府は医師国家試験の機会を(受験を拒否した医大生に)与えて大型病院と僻地の医師のない村、軍部隊などの現場の医療空白を埋めるべきだ」と主張した。

朱豪英(チュ・ホヨン)院内代表も「政府は1200億ウォン(約114億円)の(K防疫)広報費を投じて防疫に大失敗し、ワクチンの確保にも大失敗した災難をもたらした」と批判した。また「確かに契約されたワクチンは1000万人分だが、それさえも米FDA(食品医薬品局)の承認を得ることができなかった」として「来年後半期にはFDAの承認が可能になるだろうと知らされた」と伝えた。

ユ・スンミン前議員もこの日、フェイスブックで「私たちが知っている国はすでにファイザーとモデルナのワクチンを確保して接種に入る」として「K防疫が世界の標準だと誇示してきたわが政府だけが無能・怠慢、職務怠慢でワクチンを手に入れることができなかっただけ」と指摘した。国民の力のシン・サンジン・コロナ特別委委員長は「国内感染者数を数えるのでなく、トランクでも持ってワクチンを手に入れるために海外に出て行ってほしい」と促した。国民の力はワクチン確保の重要性を強調すると同時にコロナの先制的な検査など必要な対策を立てて代案の形式で提示する計画だ。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP