주요 기사 바로가기

韓国WTO事務局長候補の運命、バイデン氏の就任後に…「選出延期」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.12.11 11:17
0
世界貿易機関(WTO)事務局長の選出が来年に延期されることが確実になったと、共同通信が11日報じた。WTO事務局長選挙は現在、韓国の兪明希(ユ・ミョンヒ)産業通商資源部通商交渉本部長とナイジェリアのオコンジョイウェアラ氏が最終候補に残っている。

共同通信によると、WTOは16、17日に開催される一般理事会で「次期事務局長選出を議題にしない」ことを加盟国に10日までに通知した。ある情報筋は、トランプ米政権が多数の加盟国の支持を受けたナイジェリア候補の選出に反対しているため、事務局長の選出を延期することになった、と明らかにした。米国は韓国の候補に対する支持を表明していた。

WTOは来年1月20日にバイデン次期米大統領が就任した後、一般理事会を開いて事務局長を選出することを目標にしているという。

米ウォールストリートジャーナル(WSJ)は最近、米国の次期政権がWTO新事務局長レースでナイジェリア候補の選出に向かう可能性がある、と報じた。WTO事務局長は全会一致表決で選出されるのが伝統だ。WTOの来年最初の定例一般理事会は2月に開催される。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国WTO事務局長候補の運命、バイデン氏の就任後に…「選出延期」

    2020.12.11 11:17
    뉴스 메뉴 보기
    兪明希(ユ・ミョンヒ)産業通商資源部通商交渉本部長
    TOP