주요 기사 바로가기

WSJ「バイデン氏、WTO事務局長選候補の兪明希氏をやめてナイジェリア候補を支持するかも」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.11.27 06:40
0
ジョー・バイデン米国大統領当選者が世界貿易機関(WTO)事務局長選でどのような態度を取るだろうか。ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は26日、米国の選択がナイジェリアのヌゴジ・オコンジョイウェアラ候補に転じる可能性に言及した。

林由佳記者が「バイデン氏は同盟国に自身の世界貿易のアジェンダを見せるチャンスがある」という見出しの記事で展開した主張だ。

韓国候補の兪明希(ユ・ミョンヒ)氏はナイジェリアのヌゴジ・オコンジョイウェアラ氏とともに次期WTO事務局長の最終決選に上がったが、加盟国間選好度調査で相手にリードされた。WTO側はオコンジョイウェアラ氏を164カ国のコンセンサスを通じて次期首長として推薦しようとしたが、米国が反対を表明したせいでブレーキがかかっている。

このような状況で、WSJは「バイデン行政府がナイジェリア候補に同意することで膠着状態を終わらせるかもしれない」と見通した。まだ原則的な話であり、バイデン氏や引継ぎ委員会では立場を出していない。

中国という変数も大きい。WSJは万一、兪氏がWTO事務局長になれば大陸の配分によりアジア国家はWTO副局長の席を他の大陸に明け渡す必要があると報じた。米国の選択に影響を与え得る事案だ。

WSJはこの他にもトランプ行政府が欧州と日本など同盟国にかけた鉄鋼・アルミニウムに対する関税もバイデン氏が廃止するだろうと見通した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    WSJ「バイデン氏、WTO事務局長選候補の兪明希氏をやめてナイジェリア候補を支持するかも」

    2020.11.27 06:40
    뉴스 메뉴 보기
    兪明希(ユ・ミョンヒ)氏
    TOP