주요 기사 바로가기

韓国、生計型「コロナ犯罪」急増…白菜盗み、偽札で買い物(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.10.06 08:41
0
新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)が続いて窃盗や詐欺のような「生活苦型犯罪」が急増している。白菜畑から白菜数株を盗んだり、ネットカフェで偽札を使ったり、電信柱にのぼって電気線を、飲食店の窓から侵入して1万ウォン(約910円)相当の台所用品を盗むというような形だ。反面、暴行や交通のような凶悪犯罪はむしろ減少している。

(1)1万ウォンのために不法侵入…生計型窃盗横行

ソウル永登浦区(ヨンドンポク)に住むパクさんはソウル城北区(ソンブクク)で塾を運営していた。新型コロナで対面授業ができなくなると、延滞していた家賃・管理費を出そうと被害者チョさんに2度にわたって1000万ウォンを借りた。すでに過去に8回、同じような手口で罰金刑を受けているパクさんは、今回も同様に借りたお金が返済できなくなり、先月11日に懲役6月の実刑を宣告された。

天安(チョナン)では40代男性が飲食店の窓から侵入し、11回にわたって財物を盗むか盗もうと試みた。男性がこの食堂に入るたびに盗んだお金は少ないときで1万ウォン、多いときで7万ウォン程度だった。1万7000ウォンの台所用品1個だけを持っていったこともあった。

(2)白菜・電線まで…お金にさえなれば何でも盗む

8月15日、新型コロナの余波で職場を見つけることができなかった日雇い労働者が路上に駐車してあった車両を盗んで乗っていたところを警察に捕まった。警察の取り調べによると、お腹がすいて歩く気力がなかった彼は、車両に鍵が差し込まれたままの車両を偶然見つけて盗んだと供述した。

8月25日には白菜泥棒が現れた。警察は江原道平昌郡大関嶺面(カンウォンド・ピョンチャングン・テグァルリョンミョン)の白菜畑では白菜を持って運んでいた70代男性と60代女性を検挙した。さらに電気が流れない補助用電線を盗んだ事例もある。50代男性はいつも電信柱にのぼって切断機で電線を切った。電線を古物商に売って生計を維持するためだった。裁判所は8月7日、「生計型犯罪とみられるが、特殊窃盗・窃盗など前科があり累犯期間に自粛しなかった」とし、2年6月の懲役刑を宣告した。

生活苦型犯罪の増加傾向は大検察庁が四半期別に発行している「四半期別犯罪動向リポート」にも表れている。この報告書によると、新型コロナが韓国内に本格的に影響を及ぼし始めた1-3月期全体の犯罪発生件数(40万4534件)は昨年同期比5.0%増加した。特に類型別犯罪をみると、昨年同期より最も多く増加したのは詐欺・窃盗など財産犯罪だった(11.3%・15万5718件)。暴力犯罪(0.5%)や交通犯罪(1.2%)は同期間の増加率が相対的に低かった。

今年財産犯罪が急増している現象について、順天郷(スンチョンヒャン)大学警察行政学科のオ・ユンソン教授は「新型コロナで景気低迷の直撃を受けた庶民の暮らしが圧迫されれば、概して生活が難しくなった人々が詐欺・窃盗のような財産犯罪に手を染める傾向が増加する」と分析した。

(3)漫画を読むために紙幣を偽造

生計型紙幣偽造の犯罪も登場した。8月21日、光州(クァンジュ)広域市西区にある良洞(ヤンドン)市場の商人は客から1万ウォン紙幣の偽札1枚を受け取って警察に通報(112)した。商人は前日受け取ったお金を銀行に入金しようとして偽札を発見した。

同月19日、光州広域市北区(プック)のネットカフェでも客から受け取った5万ウォン紙幣の偽札が見つかった。警察によると、ネットカフェで見つかった偽札は5万ウォン札紙幣をカラープリンタで一般用紙に印刷する方法で偽造されていた。

ハナ銀行偽・変造対応センターによると、今年上半期に見つかった偽札は8枚だ。その種類も1000ウォン紙幣から5000ウォン紙幣・1万ウォン紙幣・5万ウォン紙幣などさまざまだ。イ・ホジュン・センター長は「新型コロナ拡大以降、実物経済の不確実性が高まり偽札が相対的に多く見つかっている」とし、伝統市場の商人など金融脆弱階層に注意を喚起した。 韓国、生計型「コロナ犯罪」急増…白菜盗み、偽札で買い物(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国、生計型「コロナ犯罪」急増…白菜盗み、偽札で買い物(1)

    2020.10.06 08:41
    뉴스 메뉴 보기
    警察が低価格マスクをKF94等級マスクと偽って販売していたグループを立件した。[写真 京畿(キョンギ)南部地方警察庁]
    TOP