주요 기사 바로가기

安倍首相の政治人生で山場ごとに足引っ張った潰瘍性大腸炎…今回は?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.08.27 07:27
0
日本の安倍晋三首相の健康が焦眉の関心事だ。「吐血した」という健康不安説がふくらみ、辞任するという観測も出ている。

こうした中、安倍首相が腸摘出手術を検討したりもしたという8年前の発言が話題になっている。

安倍首相は2012年に日本消化器病学会の情報誌「消化器のひろば」での対談で、「中学3年生の時、腹痛の後に下痢と血便が続いた」「神戸製鋼所に入社してから症状が悪化し検査を受けて潰瘍性大腸炎と分かった」「(政界入り後)2回目(1996年)の選挙のほうで大変つらい思いをした」という内容などを明らかにした。

また、「腸の全摘手術も検討し、この時、ペンタサの注腸療法がよく効いて日常生活にほとんど問題がなくなった」「2006年9月の首相になったが海外でかかったウイルス性腸炎のため、持病は最悪の状態になり、潔く辞意を表明した」という内容も明らかにした。

続けて「(首相辞任後)アサコールという飲み薬が画期的に効いて寛解状態が続き、この40年間で初めての『何もない』状態となった」という点を強調した。対談当時、安倍氏は自民党総裁選挙出馬を控えており、健康問題に異常がないということを対談を通じて印象付けた格好だ。安倍氏は同年9月に実施された自民党総裁選で勝利し首相に復帰した。

慢性病である潰瘍性大腸炎が彼の政治人生の山場ごとに重要な変数となった形だ。

安倍氏は6月に続き今月17日にも慶応大学病院で検診を受けた。28日に記者会見をする予定で、この席で健康問題と去就について話す見通しだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    安倍首相の政治人生で山場ごとに足引っ張った潰瘍性大腸炎…今回は?

    2020.08.27 07:27
    뉴스 메뉴 보기
    安倍晋三首相
    TOP