주요 기사 바로가기

韓国未来統合党、光復節迎え「日本の真の反省あってこそ相互繁栄の塔も築くことができる」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.08.15 12:29
0
韓国野党「未来統合党」は第75周年8・15光復節(解放記念日)を迎えて「未来志向的な韓日関係のために日本の真心こもった変化を期待する」と明らかにした。

同党のペ俊英(ペ・ジュンヨン)院内報道官は15日、論評を通じて「日本とは慰安婦問題、大法院(最高裁)の強制動員賠償判決、輸出規制と経済報復、GSOMIA(軍事情報包括保護協定)終了など、依然として葛藤が続いている現実」と話した。

続いてペ氏は「真の『反省』という磐石が用意されてこそ相互繁栄という塔も築くことができる」としながら「韓日関係、そろそろ未来に進まなければならない」とした。

ペ氏は「35年間にわたる暗黒と束縛の日帝治下、韓国烈士は民族の自由と権利が蹂りんされる辛い痛みの中でも自分の命を草芥のごとく差し出した」とし「そのおかげで大韓民国という国家の基礎を固められ、世界的に類例がない発展を遂げた」と話した。続いて「われわれが享受している繁栄と自由は烈士の崇高な犠牲が土台となっているという事実を忘れてはいけない」と付け加えた。

ペ氏は「統合党は安重根義士の『見利思義見危授命』(利益を得たときは正義を考え、危機に直面したときは生命を捧げる)という遺墨を再確認し、今の総体的危機を克服して国民とともに進む」と強調した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP