주요 기사 바로가기

「安倍謝罪」少女像作った植物園園長「造形物の代わりに私を撤去しろ」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.07.29 15:48
0
少女像の前に男性がひざまずいて謝罪する様子の造形物を設置した韓国自生植物園のキム・チャンリョル園長が「造形物を撤去するつもりは全くない」と明らかにした。日本政府・報道機関と韓国外交界から提起された懸念を受け入れないという趣旨だ。

キム氏は29日、中央日報の電話取材に対し、「(一部で)造形物を撤去するよう働きかけがあったが話にもならない。撤去の計画もない」とし「(極めて)個人的なことで、政府や外部機関が関与することでもない。なぜそれほど不満なのか理解できない」と話した。

キム氏は運営を任されている江原道平昌(カンウォンド・ピョンチャン)の五台山(オデサン)麓にある韓国自生植物園の芝生広場に『永遠の贖罪(A heartfelt apology)』という名前の造形物を設置した。当初、翌月10日に除幕式を行う予定だったが、賛否論争が強まると計画を中止した。ただし、造形物はそのまま展示される方針だ。

キム氏は「何度も話したように、(私は)造形物が安倍晋三日本首相だとただの一度も話したことはない」とし「造形物が撤去されることよりも私をまず撤去すべきだ」と強調した。

最近、日本政府とメディアの態度について、キム氏は「日本は一つになってわれわれ国民を2つに引き裂き葛藤を助長している」とし「ただ両親が子どもたちの手を握り、植物園に来て自然に造形物を見て過去のわれわれの歴史を知って帰っていくことに満足している」と話した。

造形物が公開された後、キム氏や自生植物園には抗議や脅迫性の電話が続いているという。ほとんどが「韓日関係をめちゃくちゃにする。悪化させる」という内容だ。キム氏は「日本が望んでいることがまさにそういうこと」と話した。

キム氏は「韓国国民のうち、一部でも価値と志を同じくするなら意味があること」としながら「植物園に見所を一つを作ったと考えてイシュー化しないよう願う」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP