주요 기사 바로가기

新型コロナ拡大でも環太平洋演習強行…日本が「中国牽制」説得

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.07.17 14:43
0
韓国海軍の環太平洋合同演習(RIMPAC、リムパック)戦隊が18日、済州(チェジュ)民軍複合港を出港する。リムパック戦隊はイージス駆逐艦「西厓柳成龍」(7600トン級)、韓国型駆逐艦「忠武公李舜臣」(4400トン級)、海上作戦ヘリコプターリンクス2機、将兵約570人で構成された。8月17-31日に米ハワイ沖で実施される多国籍海上合同訓練「2020リムパック」に参加する。今回のリムパック戦隊からは潜水艦が抜けた。

海軍は今回の訓練で機動部隊司令官(CTF)を引き受け、多国籍連合戦力で構成された艦艇を指揮する。訓練は海洋遮断作戦、海上攻防戦、対潜水艦戦、水上戦などで構成される。

リムパックは米国海軍が主管して隔年で実施される軍事演習。太平洋沿岸国を中心に海上交通路の保護、脅威に対する共同対処能力の向上、連合戦力の相互運用能力増進などを目標に訓練を進める。フランス・ドイツ・イタリア・イスラエルなども参加団を派遣する。韓国は1990年以降、今年が16回目の参加となる。

2018年には27カ国が参加した。今年の変数は新型コロナウイルス感染症だった。米国は25カ国に招待状を送ったが、イスラエル・ニュージーランドなどが新型コロナ感染拡大を理由に参加を見送った。すると、米国も今年のリムパックの中止を考慮したが、日本が実施を説得して強行を決めた。産経新聞によると、日本は米国に「こんな時だからこそ、どんな形でもやるべきだ」と働きかけたという。新型コロナが拡大する中でも中国軍が海洋で活発な動きを見せているため牽制する必要があるという理由だった。

中国は2014年と16年、リムパック招待状を受けた。2018年は中国がアジア諸国と領有権紛争中の南シナ海を軍事化している点を挙げ、招待しなかった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    新型コロナ拡大でも環太平洋演習強行…日本が「中国牽制」説得

    2020.07.17 14:43
    뉴스 메뉴 보기
    2012年のリムパックに参加した艦艇が米ハワイ沖で機動訓練をしている。当時の演習には太平洋沿岸22カ国の水上艦89隻が参加した。[海軍提供]
    TOP