주요 기사 바로가기

先端技術で中国と関係を断つべき…米国の要求に対応策は一つ=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.07.11 10:56
0
14。米国が中国への輸出を規制する分野だ。羅列するとこうだ。バイオ、人工知能およびマシンラーニング、位置航法技術、マイクロプロセッサー技術、先端コンピューティング、データ分析、量子情報および量子センシング、物流技術、3Dプリンティング、ロボット工学、脳・コンピューターインターフェース、極超音速学、先端新素材、先端監視技術。

新しい産業として注目される技術はすべて含まれた。米国も隠さない。規制の根拠である米国輸出管理改革法(ECRA)では14の規制分野を「新興技術と基礎基盤技術」と規定した。この法は2018年に通過した。

韓国の対外政策研究院(KIEP)が最近公開した報告書「先端技術をめぐる米中間覇権競争分析」によると、米国は14の分野では中国への輸出を徹底的に管理する。言葉は管理だが、事実上の禁止だ。

法を見るとそうだ。米国の安全保障および国益を害する中国企業を輸出統制企業リスト(Entity List)に挙げる。これら企業に製品を輸出するには米当局の承認を受けなければいけない。許可なく中国に輸出すれば、その企業はすぐに米商務省の禁止顧客リストに入る。この場合、米国企業との取引または米国技術の使用がふさがる。リストに入った中国企業のほか、中国人との共同研究も禁止した。人による技術移転も対中輸出と見なすということだ。

「我々と取引するのなら先端技術では中国と縁を切れ」。米国は全世界にこう主張したのだ。理由がある。KIEPの報告書を見てみよう。

米国は最近、先端技術は「民軍兼用」という点を憂慮する。過去には核技術など一部の軍用技術だけが安全保障問題と連結したが、最近はあらゆる分野の先端技術が安全保障に直結するということだ。5G、AI、ビッグデータ、ロボット、航空宇宙などが代表的な例だ。ところがこの分野で中国が頭角を現している。

発展のペースが速い。KIEPは国別の技術革新生産性を推定した。研究開発(R&D)人材とR&D投資金額の対する国際特許実績で計算した。これによると、中国はすでに2014年下半期に米国を上回っている。同じレベルの支出でも新技術を多く確保しているということだ。

心配は最近、さらに深まった。動画共有アプリ「Tik Tok(ティックトック)」に目を向ける必要がある。Tik Tokは中国技術2.0を表す事例だ。Tik Tokを開発したバイトダンスは従来の中国企業とは違う。バイドゥ、ウィーチャット、アリババなどは米シリコンバレーを模倣して成長した。グーグル、ワッツアップ、アマゾンを真似たということだ。しかしTik Tokは独創的なモデルで世界で人気を集めた。米国の月間のTik Tok活性使用者は2700万人。半分は16-24歳だ。

ニューヨークタイムズは「米国人が初めて中国SNSプラットホームの影響を受ける世の中」と表現した。最近、ポンペオ米国務長官が「Tik Tok制裁は国家安全保障問題だ。携帯電話の中国アプリを正す」とし、「Tik Tok」に宣戦布告したほどだ。

◆米国の防御論理は「不公正」

中国の技術開発方式は「反則」ということだ。KIEPは「米国は中国が暗黙的な技術移転の強要、政府主導の組織的な海外企業買収・合併、不法補助金と国営企業を利用した海外投資、ハッキングを通じた営業機密と技術・知的財産権の奪取をしていると見ている」と分析する。

このため昨年からファーウェイ(華為技術)を「産業スパイ」と規定して強く制裁しているのだ。穏やかな方法では応じないため徹底的に中国を抑え込むという考えだ。

中国はどうか。やはり退かない。KIEPは「米国は補助金が公正な競争を歪めるとして中国に撤廃を強要するが、中国は応じる考えがない。補助金政策はこれまで国経済発展の根幹だったため」と分析する。

しかも富を分配するのは、これまで共産党指導部が権力を握ってきた源泉だ。このため中国としては補助金の問題を米国が取り上げるのは中国の核心利益に触れると見なす。

「『米国の言う通りにすれば中国経済は発展が難しい。さらには共産党政権が揺れる』ということだ」。KIEPの今後の米中シナリオで「葛藤関係の長期化」が常数である理由だ。(1)葛藤の中の部分的協力(2)葛藤の尖鋭化。2つの選択肢だけがある。

◆重要なのは我々だ

二者択一をすべきという米中の圧力は強まるだろう。KIEPは「技術が解決策」とみる。米中対立の本質が技術覇権であるだけに、韓国が両国よりも進んだ技術を保有すれば口を出しにくいということだ。

事例がある。KIEPは「日本はファーウェイ問題で早くから米国側に立ったが、中国は報復しなかった」とし「新産業の開発のために日本の素材、部品、装備が必須と見なしているため」という見方を示した。韓国も経験した。ファーウェイが最近、サムスン電子にラブコールを送った。

問題はこれからだ。KIEPは「中国の革新生産性は現在、韓国の80%水準だが、速い成長ペースを考慮すると近いうちに追い越される可能性が高い」という。鯨のけんかに海老の背が裂けない道。韓国は自ら切り開くことができるのだろうか。

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP