주요 기사 바로가기

少女時代ユナ、カラオケ行きを謝罪…「皆が大変な思いをしている時期に軽率だった」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.07.02 14:26
0
ガールズグループ少女時代のユナ(30)が新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)感染のおそれが高い高リスク施設のカラオケを訪れたことを謝罪した。

ユナは2日、インスタグラムに自筆の手紙を投稿し「軽率な行動でご心配おかけし、心から反省している」とし「皆が大変な思いをしている、慎重になるべき時期に考えと判断が至らなかった」と述べた。

また、「今後慎重に行動するように特に努力する」とし「新型コロナでずっと苦労されている医療関係者と国民を気にかけることができなかった点、深く反省している」と付け加えた。

ユナは1日、先輩歌手イ・ヒョリとソウル江南区鴨鴎亭洞(カンナムグ・アプクジョンドン)のカラオケ店を訪問した。

2人がカラオケでリアルタイム放送のインスタグラム・ライブを行い、これを見ていたネットユーザーが「この時期にカラオケに行ってもいいのか」、「マスクは着けていますか」など懸念の声をあげた。

これに対しイ・ヒョリは同行した知人に「カラオケに来ちゃいけないのか」と質問した後、遅れてマスクを着用した。

このライブは2分で終了したが、録画映像がオンライン・コミュニティを介して拡散し、世論で非難が巻き起こった。

これを受け、イ・ヒョリが同日午前に「注意すべき時期にそぐわない行動をしたこと深く反省する」と謝罪したのに続き、ユナも手書きの謝罪文を発表した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    少女時代ユナ、カラオケ行きを謝罪…「皆が大変な思いをしている時期に軽率だった」

    2020.07.02 14:26
    뉴스 메뉴 보기
    少女時代ユナ
    TOP