주요 기사 바로가기

公園少女、米iTunesのK-POP音盤チャート1位・音源TOP10入り

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2020.04.30 16:04
0
韓国のガールズグループ公園少女(Girls in the Park/GWSN)がグローバルな反応を浴びている。

28日午後にリリースされた公園少女の4枚目のEPアルバム『the Keys』は、29日午後5時基準で米国iTunes/K-POP音盤チャートで全体1位を占める勢いを見せつけた。音源チャートではタイトル曲『BAZOOKA!』がTOP10入りし、全体音盤ランキングは62位に安着後、上昇を続けている。

アルバムとともにベールを脱いだ『BAZOOKA!』のミュージックビデオ(MV)にも国内外ファンの注目が集まっている。公園少女の新たな世界観を暗示して関心を引いている今回のMVは、公開一日で再生回数300万回を突破し、1000万回に向かってひた走っている。

公園少女が約9カ月ぶりに公開した新EPアルバム『the Keys』は3部作で完成された『夜の公園』シリーズ以降、新たなストーリーが始まる前のシークェル(Sequel、続編)概念のアルバムだ。タイトル曲『BAZOOKA!』をはじめ、収録曲『Wonderboy,the Aerialist』『Tweaks ~ Heavy cloud but no rain』『After the bloom(alone)』など計4トラックで構成されている。

タイトル曲『BAZOOKA!』は心の奥にしまっていた悩みや負の感情を打ち壊して、新たな夢に向かって突き進もうという希望に満ちた意味を表現したトラックだ。公園少女特有のアップテンポなエレクトロポップから新たなスタイルへの拡張を告げている。

毎回ユニークなカラーと工夫を凝らしたプロデューシングで音盤クォリティーを維持している「成長型well madeK-POPアイドル」公園少女は、米国市場でその真価を発揮していて、韓国内でも各種音楽番組に出演してカムバックステージを披露する予定だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    公園少女、米iTunesのK-POP音盤チャート1位・音源TOP10入り

    2020.04.30 16:04
    뉴스 메뉴 보기
    公演少女[写真 MILES]
    TOP