주요 기사 바로가기

【社説】グローバルホーク到着の非公開…韓国軍は北朝鮮を気にするべきでない

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.04.22 11:44
0
韓国国防部が導入した高高度無人偵察機グローバルホーク(RQ-4)の韓国到着をハリー・ハリス駐韓米国大使が先に公開したことをめぐり論議が起きている。ハリス大使はグローバルホークが韓国国内に入った19日、自身のツイッターでこうした事実を知らせた。ハリス大使は「韓米同盟に非常に良い日」と説明した。国防部は「適切でない」という反応だ。グローバルホークの導入は国民の税金1兆ウォン(約870億円)が投入された対北朝鮮偵察事業だ。国民は当然、知る権利がある。

この偵察機は挑発を繰り返す北朝鮮軍の動向を監視する重要な手段となる。高度20キロを飛行しながら地上にある30センチの大きさの物体を識別する。非武装地帯の南側上空から平壌(ピョンヤン)市内の動きまで把握できる戦略資産だ。在韓米軍の高高度有人偵察機U-2の機能もする。米国に依存してきた北朝鮮の戦略情報のかなりの部分を自ら解決できる。威嚇的な北朝鮮弾道ミサイルにも精密な対処が可能だ。それで過去の政府はグローバルホークが戦時作戦統制権(戦作権)転換後の韓国軍独自の作戦遂行に必要だと考えた。巨額を投入して4機の導入を決めた理由だ。したがってグローバルホークに対する国民の関心も大きかった。

グローバルホークの公開をめぐり韓米間に隔たりもあったという。米国防総省はこの偵察機の韓国到着を公開しようとしたが、韓国国防部は反対したと、軍情報筋は伝えた。このためハリス大使が一方的に知らせたと伝えられた。グローバルホークは昨年12月の1号機の導入時も公開されなかったが、写真記者のカメラがとらえた。現政権の武器導入隠蔽は今回だけでない。8兆ウォン以上もかかったF35Aも同じだ。最新鋭ステルス戦闘機F35Aは北朝鮮のレーダーで探知するのが容易でない。有事の際、北朝鮮上空に進入して北朝鮮弾道ミサイルと核施設、指揮部を除去することができる。北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が最も警戒する戦闘機という。そのためか国防部は昨年12月、清州(チョンジュ)基地に配備されたF35A戦力化(実戦配備)行事も小規模で行った。

こうした軍の政治的、消極的な態度では、危機の韓半島(朝鮮半島)の安保を守ることができない。最近、北朝鮮は国連などの対北朝鮮制裁に続いて新型コロナによる国境封鎖までが重なり、状況は厳しい。しかしその中でもミサイルと超大型放射砲(ロケット砲)を発射するなど挑発を続けている。このため軍当局は不安定な北朝鮮を徹底的に観察し、対応態勢の緊張感を緩めてはいけない。また、軍は北朝鮮の機嫌をうかがうよりも、韓米同盟を基盤とする強い抑止力を誇示し、北朝鮮がいかなる誤算もできないよう先制する必要がある。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP