주요 기사 바로가기

中国製部品が底をつく…現代・起亜自動車オールストップの危機

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.02.03 07:59
0
現代・起亜自動車の一部自動車部品が中国・武漢で発生した新型コロナウイルスによる肺炎により需給支障が生じ、今週中に底をつくものとみられる。業界によると在庫をほぼ使い果たした状態の自動車部品は車両内統合配線装置のワイヤーハーネスだ。韓国の自動車産業が新型肺炎の直撃弾を受けたのだ。

現代自動車の内部報告書によると、乗用車20モデルのワイヤーハーネス在庫確保量は6日午後3時までで、商用車6モデルは長くて11日まで在庫が持つと調査された。乗用車20モデルは現代・起亜自動車の全モデルに近い。3万個余りの部品で構成される自動車は1種類の部品だけでも支障が生じれば組み立て工程の維持が困難になる。これに伴い、現代自動車蔚山(ウルサン)工場で生産する「パリセード」など人気モデルの生産に支障が生じるものとみられる。また、昨年末に発売した「サ・ニュー・グレンジャー」など人気モデルの新車生産と顧客への引き渡し時期はさらに遅れることになりかねない。

また、双竜自動車が4~12日に工場稼動を中断することにした中で、現代自動車グループも数日中に生産ラインを中断しなければならない状況に直面した。

現代自動車グループは中国に進出した韓国系自動車部品メーカー3社からワイヤーハーネスの供給を受けている。このうち2社のシェアは約87%だ。ワイヤーハーネスは需給が難しい部品ではない上にサイズが大きく、現代・起亜自動車の場合、通常は在庫を1週間分備蓄してきた。だが中国の自動車部品メーカーが春節連休に続く新型肺炎拡散で閉鎖され製品供給が途絶えた状態だ。

ワイヤーハーネスを現代自動車グループに供給する韓国の部品メーカー京信(キョンシン)の関係者は2日、中央日報との通話で「現在の状況はそうだ(6日で底をつくこと)。緊急物量確保に向けワイヤーハーネス供給3社が国内工場を運営する案について計画をまとめており、3日に具体案を用意するだろう」と明らかにした。

現代・起亜自動車は稼動中断に備え緊迫した状況で動いている。現代自動車グループ関係者は工場稼動中断について、「今週初めの状況を見守らなくてはならないが、対策準備は容易でない状況」と話す。中国から持ってくる部品を東南アジアと韓国の工場に振り向けなければならないが、すぐには部品の完全代替は不可能なためだ。

労使協議も進行中だ。現代自動車労組関係者は、「先月31日から会社側と今週から操業を中断することについて協議している。ワイヤーハーネスの在庫が底をつく6日以降に生産ラインを休業する案について議論中」と話した。ただ「中国の状況がどうなるかわからず、具体的な休業期間に関してはまだ確定していない」と付け加えた。

産業研究院と産業通商資源部などは自動車メーカーの生産中断に対し緊急対策準備に入った。だが現況把握も容易ではない状況だ。産業研究院のイ・ハング選任研究委員は「企業が言葉を極度に控えており把握が容易ではない。いまはワイヤーハーネスだけが外部に知らされているが、他の部品も需給に支障が生じるものとみられる」と話した。

イ委員は「現代・起亜自動車が中国に進出し管理・調達コストのために部品供給網を(中国に)統合した側面がある。海外の自動車メーカーと比較すると、現代・起亜自動車の協力会社は中国に集まっており、今回のように中国国内で突発変数がある時に対処が容易ではない」と話した。

これに先立ち先月31日に双竜自動車もワイヤーハーネス在庫が底をつき、来週から平沢(ピョンテク)工場を稼動しないことにした。双竜自動車はレオニワイヤリングシステムコリアの中国煙台工場から全量供給を受けていたが、休業で納品が途絶えた。9日以降に煙台工場が稼動すれば製品の供給を受けられるが、これも断言できない。

韓国の自動車メーカーのうち、韓国GMとルノーサムスンは「今週までワイヤーハーネスなど部品需給に問題はない」と明らかにした。グローバルサプライチェーンのおかげで休業は避けられたが、事態が長期化すれば問題になりかねない。両社関係者は「状況を鋭意注視している」と話した。

現代自動車をはじめルノーサムスンなどは新型肺炎拡散防止策として1日は週末特別勤務をしなかった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    中国製部品が底をつく…現代・起亜自動車オールストップの危機

    2020.02.03 07:59
    뉴스 메뉴 보기
    現代自動車蔚山第2工場。[写真 現代自動車]
    TOP