주요 기사 바로가기

「TWICE」vs「少女時代」、どちらが強い? 5年目基準で比較した全盛期(1)

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2020.01.27 16:10
0
韓国の音楽チャート「ガオンチャート」が年頭に発表した昨年の音盤販売量で、TWICEのミニ7thアルバム『Feel special』が41万3459枚を記録した。

370余万枚販売された防弾少年団(BTS)の『Map of the soul-Persona』をはじめ、ボーイズグループの勢いに押されて全体ランキングでは10位だったが、ガールズグループの中ではほかの追随を許さない堂々の1位だ。

また、TWICEが2015年デビュー後にリリースした音盤のうちでは最多販売量であり、2000年代後半に始まった第2世代ガールズグループ時代を迎えて以来、最高記録となる。それ以前の記録は、2011年に少女時代が出したオリジナル3rdアルバム『The boys』で38万5348枚を販売した。(※K-POP界ではWonder Girls・少女時代・KARAがデビューした2007年は第2世代ガールズグループ時代の開始点と評価している。S.E.SやFin.K.L(フィンクル)が活動した1997年から2000年代初期は第1世代ガールズグループ時期とされている。)

少女時代とTWICEが最多販売量を記録した『The Boys』と『Feel special』がリリースされた2011年と2019年は、2組のグループにとってデビュー5周年目にあたる。

K-POP界ではガールズグループがピークを迎える時期を4~5年目とみている。平均10代後半というデビュー年齢を考えると、この時期は20代初中盤に該当する。知名度をある程度にまで高まり、歌唱力やチームワークが熟した段階であり、特定メンバーに傾いた大衆的な視線が各方面に分散する一方、メンバー別のキャラクター構築も完成されてファンダムも旺盛な時期だ。

少女時代とTWICEはさまざまな面で比較される。ガオンチャートのキム・ジヌ首席研究委員は「『第一人者』というイメージ、9人組、カル群舞、成功的な日本進出および海外市場攻略、メジャー企画会社所属など類似のコースと結果を作り出した」と評価した。一方、違いもある。少女時代はデビュー後、ユナが連続ドラマに出演したりテヨンがラジオのパーソナリティを務めたりするなど、メンバー別に個別活動も活発だった反面、TWICEは徹底してチーム活動に専念している点だ。

また、TWICEは日本人ミナ、サナ、モモ(以上、日本)とツウィ(台湾)など外国人メンバーを半分に近い4人も布陣する実験にも挑んだ。反面、少女時代は僑胞(海外在住韓国人)出身のティファニーなどが含まていたものの、事実上、韓国人で構成したという点で違いがある。

では第2世代と第3世代を代表するこの2組の5年目パワーはどちらのほうが強いだろうか。2組の活動期間に7~8年ほどの差があるため単純比較は難しい側面もある。サッカーにたとえるなら、ペレとマラドーナのうちどちらがもっと優れているかを論じるようなものだ。

ただし、主観的評価ではなく2組が頂点に立った時に残した5年目の各種記録を通じて比較してみた。また、専門家の見解も聞いてみた。 「TWICE」vs「少女時代」、どちらが強い? 5年目基準で比較した全盛期(2) 「TWICE」vs「少女時代」、どちらが強い? 5年目基準で比較した全盛期(3)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「TWICE」vs「少女時代」、どちらが強い? 5年目基準で比較した全盛期(1)

    2020.01.27 16:10
    뉴스 메뉴 보기
    2019年に発売されたTWICE(トゥワイス)『FANCY YOU』と2011年発売された少女時代『The Boys』
    TOP