주요 기사 바로가기

<CES2020>子犬のように動き回る…サムスン、知能型コンパニオンロボット「バリー」を初公開

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.01.08 10:00
0
サムスン電子が知能型コンパニオンロボット「バリー」を初めて公開した。

サムスン電子は6日に米ラスベガスで開かれた「CES2020基調演説」で未来技術が進む方向を提示した。

特にこの日先端ハードウェアと人工知能技術が融合したパーソナルケアを強調し知能型コンパニオンロボット「バリー」を初めて公開した。

同社のキム・ヒョンソク代表理事社長(CE部門長)がステージで「バリーとあいさつしてください!」と叫ぶとすぐにバリーがステージ上に現れた。バリーはキム・ヒョンソク社長を認識し彼の後についてステージ上を動き回った。

キム社長はバリーについて「個人の暮らしのパートナー役をするバリーは人間中心革新を追求するサムスン電子のロボット研究の方向をしっかりと示してくれる事例」と話した。

バリーは球形のため移動が自由で、ユーザーを認識して追いかけたり、ユーザーの命令により家の中の各所をモニタリングしながらスマートフォンやテレビなど主要スマート機器と連動して多様なホームケアを遂行できる。

また、オンデバイスAI機能が搭載されており、セキュリティとプライバシー保護を強化したセキュリティロボットやフィットネスコンパニオン役をするなど必要に応じて無限に機能を拡張できる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <CES2020>子犬のように動き回る…サムスン、知能型コンパニオンロボット「バリー」を初公開

    2020.01.08 10:00
    뉴스 메뉴 보기
    世界最大家電・IT見本市の「CES2020」開幕を翌日に控えた6日午後、米ラスベガスのホテルで開かれたCES2020の基調演説でサムスン電子消費者家電部門長のキム・ヒョンソク社長が知能型コンパニオン(パートナー)ロボット「バリー」を紹介している。
    TOP