주요 기사 바로가기

寿命まで3年残った韓国の月城原発1号機、結局は永久閉鎖に

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.12.25 10:22
0
韓国慶州(キョンジュ)の月城(ウォルソン)原発1号機が永久閉鎖される。古里(コリ)1号機(2017年)に続いて2基目だ。

原子力安全委員会は24日、月城1号機永久停止のための「運営変更許可案」を採決にかけて承認した。賛成5人、反対2人だった。月城1号機は韓国水力原子力(韓水原)が7000億ウォン(約660億円)を投入して老朽設備の交換など安全性を強化し、2022年まで10年延長運転の承認を受け、2015年6月に発電を再開した。しかし「脱原発」を掲げる文在寅(ムン・ジェイン)政権に入って変化が生じた。韓水原は昨年6月、経済性が落ちるという理由で早期閉鎖を決定した。

この日の会議で反対意見を出したイ・ギョンウ委員は「今後、ほかの原発に対しても寿命が残っているにもかかわらず廃止するという案件が出てくる可能性がある」と述べた。

野党と業界は早期閉鎖の根拠となった経済性評価に問題があるという点を指摘している。販売収益予測値が意図的に過小評価されたということだ。原発の寿命がまだ残っていて、経済性判断に対する監査院の監査が進行中という点で、論争が予想される。

中央大エネルギーシステム工学部のチョン・ドンウク教授は「結局、政府の脱原発政策にやむを得ず従わなければいけない公企業の残念な状況が表れた」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP