주요 기사 바로가기

「南野獲得」のリバプール、また旭日旗で物議

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.12.20 10:57
0
イングランドプロサッカーのリバプールがまた旭日旗の使用で物議をかもした。

イングランドプレミアリーグのリバプールが20日(日本時間)、公式ホームページに載せた映像のサムネイルに旭日旗を使った。リバプールは1981年に東京で開催されたインターコンチネンタルカップのフラメンゴ戦の活躍を紹介した映像を載せた。

リバプールは22日、インターコンチネンタルカップの後身の国際サッカー連盟(FIFA)クラブワールドカップでフラメンゴとの決勝を控えている。しかしリバプールは映像のサムネイルに旭日旗を使用した。

特にリバプールは19日、オーストリアのザルツブルクから日本人選手の南野拓実を獲得し、関連情報のすぐ下に旭日旗を使った。南野獲得と同じ日に旭日旗を使用したことで批判の声は強まった。

韓国ファンから抗議が続くと、リバプールはサムネイルを入れ替えた。昨年はリバプールの選手ナビ・ケイタが腕の旭日旗のタトゥーのため抗議を受け、別のタトゥーに変えた。

旭日旗は第2次世界大戦当時、日本が韓国を含む他国を侵攻する時に使用した帝国主義軍旗。国際社会でドイツ・ナチスの象徴のハーケンクロイツは徹底的にダブー視されているが、世界的に旭日旗に対する認識は依然として低い。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「南野獲得」のリバプール、また旭日旗で物議

    2019.12.20 10:57
    뉴스 메뉴 보기
    南野拓実を獲得したリバプールが旭日旗を使用して物議をかもした。[写真 リバプールのホームページ]
    TOP