주요 기사 바로가기

韓国の青年失業者28%増える時、OECDは14%減少

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.12.09 15:54
0
韓国の青年失業者が10年前に比べて28.3%増える間、経済協力開発機構(OECD)加盟国の青年失業者は13.9%減少したことが分かった。

全国経済人連合会傘下の韓国経済研究院が2008-18年のOECDの国家青年雇用指標を分析した結果、韓国の青年(15-29歳)失業者は2008年の31万8000人から2018年には40万8000人と9万人ほど増えた一方、OECD国家は平均5万8000人ほど減少したと9日、発表した。

青年の失業者が増えたことで、2018年の韓国青年失業率は9.5%と、2008年(7.1%)に比べて2.4%ポイント上昇した。OECD国家のうち失業率の順位(最も低い方が1位)は11位(2008年)から22位(2018年)になった。

OECD国家の平均青年失業率は10.4%から9.1%へと1.3%ポイント改善した。韓国の青年失業率はOECD平均失業率と比較して10年前は3.3%低かったが、現在は0.4%高い。10年間に青年失業率が最も低下した国はハンガリー(-6%ポイント)、最も上昇した国はギリシャ(16.1%ポイント)だった。

韓国の青年雇用率(15-29歳の人口のうち就業者の比率)は2018年基準で42.7%だった。雇用率が最も高いアイスランド(78.7%)とは36%ポイントの差がある。10年間に青年雇用率が最も大幅に上昇した国はリトアニア(9.7%ポイント)で、最も大きく落ちた国はスペイン(-14.7%ポイント)だった。

青年の人口は韓国、OECD平均ともに減少した。青年失業者が増える間、韓国の青年人口は2008年の986万8000人から2018年には914万9000人と71万9000人(7.3%)減少した。OECDの青年人口は平均1.6%減少した。青年経済活動人口(満15歳以上で就職をしたり求職活動をする意思と能力がある人)も韓国は3.2%減、OECD平均は2.6%減となった。

韓国のように青年人口が減少する中で青年失業者が上昇した国はOECD36カ国のうち6カ国(韓国、ギリシャ、イタリア、フランス、フィンランド、トルコ)だけだった。青年人口が減少して失業者が減った国はハンガリー、日本、ドイツなど13カ国。10年間に青年人口の増加が最も多い国は米国(265万4000人増)で、最も減少した国は日本(251万人減)だった。

これに先立ちOECDは最近の韓国の青年雇用率が低い理由について「高い大学進学率(2017年69%)に比べて仕事と学業を併行する比率は低く(韓国の青年8人に1人が仕事と学業を併行、OECD平均は4人に1人)、高学歴青年ニートの比率が高い(韓国45%、OECD18%)のため」と指摘した。

韓国経済研究院のチュ・グァンホ雇用戦略室長は「企業を通じて良質の雇用が増えるよう良いビジネス環境が必要」とし「同時に政府は高等教育の質的水準と職業・進路指導を強化し、雇用情報・職業訓練などの提供を拡大する必要がある」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP