주요 기사 바로가기

「北朝鮮東倉里の地表面に変化、ロケット試験の跡」 衛星写真を公開

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.12.09 11:16
0
北朝鮮が7日、西海(ソヘ)衛星発射場(東倉里ミサイル試験場)で人工衛星打ち上げのためのロケットエンジン燃焼試験をしたという見方が出ている中、米国研究所が商業衛星写真を公開した。

ミドルベリー国際研究所のジェフリー・ルイス不拡散センター所長は8日(現地時間)、ツイッターで、民間商業衛星プラネットが日本時間の7日午後2時25分と8日午前11時25分に撮影した東倉里(トンチャンリ)エンジン試験場の写真を公開した。「プラネットの前後の写真は北朝鮮が西海発射場でロケットエンジン試験をしたことを示唆する」とし「7日に写真に写っていた車両と物体の大半は8日には見えず、試験当時に噴射された排気ガスによって地表面が変わったとみられる」と説明した。

実際、試験直前の写真と推定される7日午後2時25分の衛星写真では東倉里エンジン試験場試験台の前には少なくとも4、5台の車両またはコンテナのような長い物体が確認された。試験台コンクリート構造物の前(南側)の地表面も屈曲と岩が見えるほどで、平常時と変わらなかった。しかし8日午前の衛星写真ではエンジン試験台の南側の遠くまで地表面に塵と砂が積もり、地形が変化した様子が確認された。ロケットエンジン噴射で強力な排気ガスが噴出した跡である可能性が高い。試験台構造物の北側に駐車されていた車両と物体もほとんどなくなっていた。

北朝鮮の「重大試験」発表声明に関連し、米科学者連盟(FAS)のアンキット・パンダ研究員はツイッターで「2017年3月18日のエンジン燃焼試験後に発表した声明を連想させる」と述べた。パンダ研究員は「当時のエンジン試験では金正恩(キム・ジョンウン)委員長が『今日の我々の偉大な勝利がいかなる重大な意味を持つかを世界は近く目撃することになるだろう』と述べた」とし「この数カ月間、北朝鮮が宇宙(衛星)発射の準備を見せる兆候が表れている」と説明した。

マサチューセッツ工科大のビピン・ナラン教授はこの日、ツイッターで「過去18カ月間話してきたように請求書の支払い期限がまもなく到来するだろう」とし「我々はこういう状況が訪れてその後に何が起こるかを心配したが、誰も予測が当たったと喜ばない」とコメントした。続いて「これは非常に不吉であり、2020年が外交的な出口もなく2017年のように緊張が高まった状況にならないか心配だ」と伝えた。

トランプ大統領がこの日、ツイッターで、北朝鮮の重大試験発表について「金正恩委員長は敵対的に行動すれば事実上すべてを失う」と警告したことに関し、ナラン教授は「熱核爆弾(水素爆弾)ツイッターも帰ってきた」と懸念を表した。2017年に「炎と怒り」「完全な破壊」など激しい「言葉爆弾」を交わした状況が再現されたということだ。

トランプ大統領が自ら「すべてのものを失う」として北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)または人工衛星打ち上げに対して警告したが、韓国政府は慎重な反応を見せた。政府高官はこの日、中央日報に対し、北朝鮮の重大試験発表について「北の試験に関する報道を見た。同盟および友好国と緊密に調整している」とだけ話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「北朝鮮東倉里の地表面に変化、ロケット試験の跡」 衛星写真を公開

    2019.12.09 11:16
    뉴스 메뉴 보기
    ミドルベリー国際研究所のルイス不拡散センター所長が8日に公開した、7日午後2時の試験直前の東倉里エンジン試験場。商業衛星プラネットが撮影した[写真上、ツイッター]ミドルベリー国際研究所のルイス不拡散センター所長が8日に公開した、8日午前の試験直後の東倉里エンジン試験場[ツイッター]
    TOP