주요 기사 바로가기

【社説】検察・警察の「下命捜査」疑惑で勢力争い、国民だけが苛立つ=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.12.09 10:15
0
青瓦台(チョンワデ、大統領府)の「下命捜査」疑惑をめぐる検察と警察の対立が次第に拡大している。昨年、金起ヒョン(キム・ギヒョン)前蔚山(ウルサン)市長に関連した捜査を担当していた蔚山地方警察庁所属の警察官10人余りが検察の召喚に応じなかったという。検察は警察が組織的に捜査を拒否するのでないか疑念を呈している。一方、警察は「全面的に個人の判断」という立場だ。

検察と警察が下命捜査疑惑事件に関連して極端に対立してきたというのは公の事実だ。青瓦台(チョンワデ、大統領府)の下命捜査疑惑で検察の取り調べを受けていた中で命を絶った前青瓦台民情首席室行政官(検察捜査官)の携帯電話をめぐっても検察と警察は衝突した。検察が先に確保した故人の携帯電話を警察でも調べる必要があるとして押収捜索令状を申請したが検察が棄却した。警察は死亡経緯の把握のためには必要だとして2度も令状を申請し、検察は剖検結果がすでに出てきて警察が携帯電話を見る理由がないという立場で対抗した。

厳重な時局に検察と警察の度重なる勢力争いを見守る国民は不安なばかりだ。検警の対立が組織利己主義および政治的算法につながっているという側面は国民をさらに苛立たせる。下命捜査疑惑事件の捜査責任者だったファン・ウナ元蔚山地方警察庁長官〔現、大田(テジョン)地方警察庁長官〕は3日、盧武鉉(ノ・ムヒョン)財団のユーチューブチャネルである『ユ・シミンのアリレオ』に出演して「検察とメディアが職権乱用、選挙介入でねつ造しようとしている」と主張した。ユ・シミン理事長は「検察のファン・ウナ庁長への捜査は青瓦台を攻撃しようとすること」と相槌を打った。反面、3月金前蔚山市長の側近に対して無嫌疑決定を下した蔚山地方検察庁長のソン・インテク前検事長は中央日報とのインタビューで「(ファン庁長が)自身の出世と政治的な目的のために選挙を台無しにして国家の基本を崩した」と批判した。共に民主党の洪翼杓(ホン・イクピョ)首席報道官は青瓦台民情秘書官室行政官が作成した諜報報告書の内容を公開したが、入手経緯と検察の捜査妨害の狙いが政治的な論議の的になっている。

青瓦台の下命捜査と選挙介入疑惑は事実と明らかになる場合、国家の根幹を揺るがした重大な犯罪だ。真実が何か国民が懸念しながら見守っているのもそれだけに事案そのものが厳重であるためだ。真実糾明にいくらすべての力を注いでも足りない中で検察・警察が各自の政治的計算をしているのは国家の規律をさらに押し倒すことに他ならない。両権力機関の衝突は政府が内部葛藤の正常な調整能力を失ったという兆しなのかもしれない。警察は下命捜査疑惑の当事者ということから地位の上下を問わずいつにもまして慎重かつ省察的な姿勢で臨むべきだ。下手な組織利己主義や政治的解釈で実体的真実を糊塗する場合、政府に対する不信を拡大するだけという点を肝に銘じなければならない。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP