주요 기사 바로가기

<ゴルフ>「釣り人スイング」崔虎星、日本ツアー平和PGM優勝

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.11.11 09:46
0
「虎さんが沖縄で歓喜の踊りを見せた」。

「釣り人スイング」崔虎星(チェ・ホソン、46)が10日、PGMゴルフリゾート沖縄で行われた日本プロゴルフツアー(JGTO)HEIWA・PGM選手権で優勝した。最終ラウンドで4アンダーをマーク、通算14アンダーで、2位の今平周吾とは2打差だった。優勝賞金は4000万円。

日本ツアー賞金ランキング1位の今平の追撃に崔虎星は厳しい競技をした。首位で並んだ状況で16番の短いバーディーパットを外し、差をつけることができなかった。しかし17番で今平のティーショットがラフに入ると、安定感を取り戻した。崔虎星は7メートルのバーディーパットを沈めて2打差で単独トップに立った。老練な釣り人は最後のホールでリードを守った。2013年のインドネシアPGA選手権、昨年のカシオワールドオープンに続いて崔虎星は日本ツアー3勝となった。

崔虎星は昨年6月の韓国オープン当時、ボールを打った時に右足を上げて膝を曲げたり、左足を上げて回転したり、腰を後ろに90度近く曲げたりしながらも、巧みなゴルフを見せた。米国のゴルフチャンネルなどが「世界で最もおかしなスイング」と何度か報道し、世界で話題になった。ジャスティン・トーマス(米国)などスター選手も崔虎星を真似る動画を載せた。

日本で崔虎星は人気がある。名前に虎という字が入っている崔虎星は日本で「韓国の虎さん」と呼ばれる。日本ゴルフダイジェストは「虎さんはなぜ日本人から愛されるのか 」という記事を掲載したりもした。崔虎星の独特のスイングと派手な服装、個性的なキャラクターに魅了されたファンが多く、困難の中でも正統でない独自の理論に向かって突き進んだ闘志が立派だと評価した。

日刊スポーツは「崔虎星が右手でドライバーを高く掲げ、ヘッドの部分を見詰めて集中する崔虎星のルーティンは、野球選手のイチローのように個性的で有名」と報じた。日本ゴルフの伝説でありJGTO会長の青木功氏は「我々の時代は遠くからでも誰がスイングをしているかが分かったが、最近は個性がなくなり崔虎星が特別に見える。日本選手の中からも崔虎星のような個性派で出てくればいい」と話した。

昨年オンライン請願専門サイト(Change.org)では、崔虎星を全英オープンに招待してほしいという要請もあった。崔虎星は年初、米PGAツアーのペブルビーチナショナルプロアマ 、欧州ツアーのケニアオープンに招待されて出場した。有名になった崔虎星は今年は優勝がなくストレスを感じていたが、今回の優勝で解消した。崔虎星は「今平の追撃に緊張したが、自分のゴルフをしようと努力した」と語った。日本メディアは「崔虎星が優勝後、自身のスイングほど独特な踊りを見せた」と報道した。

◆復活のキム・ヒョジュ、惜しくも準優勝

キム・ヒョジュ(24)は10日、滋賀県の瀬田GCで行われた米女子プロゴルフ(LPGA)ツアーTOTOジャパンクラシックで準優勝した。キム・ヒョジュは最終ラウンドで6アンダーをマークしたが、4打差でスタートした、鈴木愛(日本)に追いつけなかった。鈴木は17アンダー、キム・ヒョジュは14アンダーパーで大会を終えた。2016年のピュアシルク・バハマ優勝後から不振が続いていたキム・ヒョジュは今年6月のウォルマートNWアーカンソー選手権、7月のエビアン選手権に続いて今季3度目の準優勝。鈴木は今季日本で6勝目。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <ゴルフ>「釣り人スイング」崔虎星、日本ツアー平和PGM優勝

    2019.11.11 09:46
    뉴스 메뉴 보기
    独特のスイングをする崔虎星(チェ・ホソン)は日本で「虎さん」と呼ばれて人気だ。今回の優勝で日本ツアー通算3勝となった。[中央フォト]
    TOP