주요 기사 바로가기

「5Gで1位」コリア、全世界からラブコール

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.10.28 13:03
0
4月3日午後11時、韓国移動通信3社は5G(世代)通信網を夜中に「奇襲開通」した。競争会社である米ベライゾン・コミュニケーションズが11日に予定されていた商用化時点を4日に操り上げる準備をしているということが分かったためだ。科学技術情報通信部と移動通信3社、サムスン電子などは3日夜中、会議の末に電撃開通を決めた。曲折の末に占めた「世界最初の5G」タイトルが時間が経つほど威力を発揮している。400万人を越えて加入者数でも世界1位だ。「5G1位のコリア」に世界企業らの協力要請が殺到している。

代表的内需産業に選ばれてきた通信産業に5G輸出が芽生えているというのが鼓舞的だ。SKテレコムはフィリピンに5G通信のノウハウを伝播する。SKテレコムは22日、フィリピン・マニラでナウコーポレーションテレコムと5G協力のためのパートナーシップを締結したと27日、明らかにした。ナウグループはフィリピン内全国単位の有線・無線通信事業権を持っている会社だ。SKテレコムはこれに伴い、ナウグループが導入する5Gの全過程に参加する。来年上半期までフィリピン内で5G構築のための技術ロードマップを定めることからインフラの設計・構築、技術教育、B2Bサービスの開発などを主導する。SKテレコム側は「技術輸出にともなう具体的な金額は調整中」と明らかにした。

SKテレコムのシム・サンス・インフラビズ本部長は「世界最初の5G商用化後、東南アジアはもちろん欧州などでも要請があり5G協力の議論が進行中」と説明した。

IT業界によると、SKテレコムは最近、日本の第4移動通信会社である楽天に5G技術を輸出する契約も締結したことが分かった。

5Gへのラブコールは中国からも続いている。加入者3億2000万人を率いた中国1位のチャイナテレコムの経営陣は最近、ソウル麻谷(マゴク)のLGユープラス社屋を訪れた。両社間にすでに発表した戦略的提携を具体化するためだ。 劉桂平副総裁などチャイナテレコムの経営陣はLGユープラスと中国内5Gネットワーク運営案、網構築後のバーチャルリアリティ(VR)・拡張現実(AR)コンテンツをサービスする計画などを話し合った。LGユープラスは代表理事(CEO)直属の5G輸出TFを運営して5G輸出の拡大に力を注いでいる。

韓国通信装備会社はすでに「5G最初効果」を十分に享受している。サムスン電子は日本移動通信2位の会社であるKDDIに2兆3500億ウォン(約2000憶円)規模の5G基地局装備を供給する契約を締結した。米ベライゾンに続き、AT&T、スプリントにも5G装備供給会社に選ばれ、装備の輸出が真っ最中だ。サムスン電子は中東やインドなど今後5G導入計画がある国にも精魂を込めている。市場調査会社であるIHSマーケットによると、5G通信装備部門で第1四半期を基準にサムスン電子が37%で、ファーウェイ(華為技術、28%)を大きくリードした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「5Gで1位」コリア、全世界からラブコール

    2019.10.28 13:03
    뉴스 메뉴 보기
    SKテレコムが22日、フィリピンのナウテレコムコーポレーションと5G協力パートナーシップを結んだ。[写真 SKテレコム]
    TOP