주요 기사 바로가기

現代・起亜車、人工知能導入してスマートクルーズコントロール開発

ⓒ 中央日報日本語版2019.10.21 14:06
0
現代・起亜自動車が運転者の走行性向に合わせて部分的な自動運転を実現する「SSC-ML(Smart Cruise Control-Machine Learning、マシンラーニング基盤スマートクルーズコントロール)を世界で初めて開発したと21日、明らかにした。

スマートクルーズコントロール(SCC)は前の車と一定の距離を維持して運転者が設定した速度で自動運転をする機能で、先進運転支援システム(ADAS)の主要技術。SSC-MLはここに人工知能技術を加え、運転者の走行性向を車が自ら学習してSCC作動時に運転者と似たパターンで自動運転をする。

現代・起亜車が独自開発したSSC-MLは前方のカメラやレーダーなどのセンサーがさまざまな運転状況で発生する情報を持続的に収集し、ADASの頭脳にあたる制御コンピューターに送る。制御コンピューターは入力された情報から運転者の走行習慣を抽出し、総合的な走行性向を把握する。SSC-MLは車線変更機能を含むHDA IIとともに適用され、自動運転レベル2を上回るレベル2.5水準を具現する。現代・起亜車はこうした機能を新車に選別的に適用していく予定だ。

現代車・起亜車自律走行開発センターの関係者は「SCC-MLはマシンラーニングのアルゴリズムを適用して従来のSCCの使用性を大幅に改善した」とし「自動運転技術の開発に必須の人工知能分野で業界トップ圏の技術力を確保したという意味がある」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    現代・起亜車、人工知能導入してスマートクルーズコントロール開発

    2019.10.21 14:06
    뉴스 메뉴 보기
    現代・起亜車提供
    TOP