주요 기사 바로가기

現代車、ドイツで9月の販売7位…まだ前途は遠い

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.10.21 10:27
0
現代自動車がドイツで9月に販売台数7位と善戦した。専門家は現代車が価格性能比を前に出して善戦しているが、プレミアムブランドが人気を得られない点は補完すべきだと評価した。

ドイツ連邦自動車庁(KBA)が最近発表した9月のドイツ国内の自動車販売台数によると、現代車は1万1676台で全体の4.8%だった。これはオペル、シュコダに続いて7番目。今年1-9月のドイツ内の累積販売量は計9万8065台で前年同期(8万7511台)比12.1%増加した。

現代車の善戦は価格性能比とエコカーに対する消費者の信頼のためだ。ドイツ自動車専門誌「アウトモーターウントシュポルト」(AMS)が最近、現代車とドイツ車の3モデルを比較した結果、現代車は燃料電池自動車・価格対応性能部門でドイツ車と比べて優秀であることが分かった。

例えば現代車コナEVとBMW i3sを比較すると、コナEVは走行可能距離と価格性能比が優秀で総点が93点となり、84点のBMW i3sを上回った。現代車燃料電池車ネクソは総点95点と、メルセデスベンツGLC F-Cell(66点)より高い点数を受けた。

専門家は現代車の価格性能比を認めながらも、収益性が高いプレミアムブランドがドイツなど欧州市場で通用しないという点を懸念している。

大徳大自動車学部のイ・ホグン教授は「ひとまず価格性能比が良く、ドイツ消費者は現代車のエコカー、燃料電池車を好意的に見ている」とし、「ただ、欧州が好む車種では勝負にならない。ジェネシスのようなプレミアムブランドも英国撤収説が出るなど欧州では通用していない」と説明した。

産業研究院のイ・ハング研究委員は「ドイツがEUで最も大きい自動車市場だが、現代車は成長という点では善戦していると見ることができる」とし「西欧の先進国市場で現代車はシェア6%台を維持しているが、ドイツ市場でのシェアはこれと比較すると低い」と話した。

価格性能比を武器にした日本車ブランドと競争しても劣らない点は評価される。現代車の1-9月の累積販売台数基準順位は10位で、3.6%のシェアだった。一方、トヨタは2.4%、マツダは1.9%、日産は1.1%、ホンダは0.4%だった。日本車は前年同期比で最大32%(日産)も販売が減少するなど、最近ドイツ市場で不振が続いている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    現代車、ドイツで9月の販売7位…まだ前途は遠い

    2019.10.21 10:27
    뉴스 메뉴 보기
    現代車コナ[写真 現代車]
    TOP