주요 기사 바로가기

ソウル市、高齢運転者の交通事故が5年間に50%以上増加

ⓒ 中央日報日本語版2019.10.17 14:27
0
ソウル市で65歳以上の高齢運転者が運転をして発生した交通事故の件数が過去5年間に50%以上増えたことが17日、明らかになった。

国会国土交通委員会所属の林鍾聲(イム・ジョンソン)議員(共に民主党)がソウル市から提出を受けた資料を分析した結果、ソウル市で発生した高齢運転者の交通事故は2014年の3886件から2018年には5869件と50%以上増えたことが確認された。

死傷者数も同じ期間、死亡55人・負傷5409人から死亡63人・負傷8054人に増えた。2018年基準でソウル市で運転免許を保有する70歳以上の高齢運転者は33万8578人だった。

林議員は「今後、高齢者の人口が増加すれば、高齢運転者の事故は深刻な社会的問題になるはず」とし「ソウル市で関連事故が急増しているだけに、より積極的な予算配分と支援策の準備で高齢運転者の事故予防と免許返納の誘導に最善を尽くす必要がある」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP