주요 기사 바로가기

<Mr.ミリタリー>金正恩の最終兵器SLBM、我々の力で克服すべき=韓国(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.10.11 13:44
0
北朝鮮は核交渉の再開を控えて絶妙な時期にSLBMを発射した。韓米当局がはかない希望を抱く間、北朝鮮はSLBMを既成事実化した。北朝鮮はさらに一歩踏み込んだ。韓米同盟を事実上解体すべきという。5日にスウェーデンで米朝非核化実務者会談が決裂した直後、北朝鮮側代表の金明吉(キム・ミョンギル)巡回大使は「我々(北朝鮮)の安全を脅かすすべての障害物が完全に疑う余地なく除去されなければいけない」と述べた。金明吉大使は北朝鮮を脅かした証拠として、韓米合同軍事演習と先端戦争装備の韓半島(朝鮮半島)配備を挙げた。金大使の要求は連合司令部の解体、韓国軍の先端武器確保中断などを意味する。北朝鮮は地上およびSLBM核戦争力まで備えながら、韓国には武装解除しろということだ。

今の雰囲気では北朝鮮の非核化は不透明だ。北朝鮮の目標は少なくともパキスタン水準の核戦争力を保有することだ。米国が年末までに「北朝鮮の安全を保証する新しい方法(韓米同盟瓦解)」を出すことができなければ、北朝鮮は豹変する可能性が高い。すでに相当な核兵器も確保した。しかしSLBMの実戦配備には1年ほどかかる。7月に北朝鮮が公開した新型潜水艦を進水しても試験運転期間が必要だ。したがって政府はゴールデンタイムの間、プランA・B・Cを準備しなければいけない。

プランAは国防部の能動的抑止戦略を積極的に施行する案だ。まず、イスラエルがイラクとシリアの核施設(原子炉)を空襲で破壊して核開発の芽を摘み取ったように、試験運転をする北朝鮮SLBM潜水艦を東海で静かに葬る案だ。一種の予防的措置だ。しかし現政権には期待しにくい。その次は、有事の際、北朝鮮のSLBM攻撃への対応だ。その時は北朝鮮の潜水艦が基地から出る前に海軍潜水艦などで先に破壊しなければならない。これを逃せば米国・日本と共に北朝鮮潜水艦を捜し出して撃沈することになる。その場合、韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の復元が必要だ。北朝鮮の潜水艦を持続的に追跡する原子力推進潜水艦と北朝鮮SLBMを海上で迎撃するSM3ミサイルも必須項目となる。

プランBは確実な米国の核の傘保障策だ。米国の戦術核を韓国に再配備したり北大西洋条約機構(NATO)のように韓米が米戦術核兵器を共同運営する。最後のプランCは韓国の核武装だ。北朝鮮の非核化が完全になくなれば、北朝鮮は核兵器で韓国をまた脅迫するだろう。ところが政府の対応が不十分なら核武装の声は出てくるものだ。したがって政府はプランCに対応した行政的な手続きを検討する必要がある。マキャベリ(『君主論』)の言葉のように、運命ではなくわが軍隊とヴィルトゥ(Virtu=技量)で危機を克服すべきではないだろうか。 <Mr.ミリタリー>金正恩の最終兵器SLBM、我々の力で克服すべき=韓国(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP