주요 기사 바로가기

最強性能の予感…韓国型戦闘機事業が本軌道に(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.09.27 13:46
0
実際、開発過程は困難が続いた。戦闘機を独自で開発した経験がない韓国としては厳しい兆戦だった。特に米政府が技術提供を拒否したAESAレーダーと赤外線追跡装備(IRST)、電子光学標的追跡装備(EOTGP)、統合電子電装費の国内開発は最大のカギだった。このうち戦闘機の目に該当するAESAレーダー技術は先進国が流出を厳禁している。AESAレーダー以外の3件はすでに開発したことがあり、困難は比較的少なかった。

国産AESAレーダーは5ミリの大きさのモジュール1088個を円形板に打ち込んだものだ。各モジュールがレーダー波を出してそれぞれ標的を探知する。目が1088個あるということだ。米国のF35のAESAレーダーは約1200個のモジュールで構成されている。このレーダーはF15Kの機械式回転レーダーとは違って電子的にレーダービームを照射する。それで数十個の標的を同時に速かに探知・追跡できる。探知距離は110キロ以上という。空中のほか地上と海上の移動標的まで追跡し、KFXに搭載されたミサイルで打撃するのを助ける。

国防科学研究所(ADD)で会ったシン・ヒョンイク航空機レーダー体系開発団長は「ADDは技術は保有しているが、企業(ハンファシステム)が製造したことがなく心配だった」とし「世界で11番目にAESAを開発することになった」と話した。国産AESAレーダーを試験評価したイスラエルのエルタ社はイスラエルよりも優秀だと評価した。モジュールの素材も先端だ。

18日に訪問したハンファシステム龍仁(ヨンイン)研究所で公開したAESAレーダーを構成する16個のモジュールセットは拳の大きさの3分の2ほどだった。単価は4500万ウォンと、ジェネシスの自動車1台分だ。海外から輸入すれば8000万ウォン以上もする。2026年までに3658億ウォンを投入するAESAレーダーは開発から3年目でハードウェアの85%を製作した。来年は完全に国産化する計画だ。今年春にイスラエルで地上・空中試験を終え、11月から韓国で空中試験に入る。2023年からはKFX試製機にも搭載して最終テストをする予定だ。

KAIが担当しているKFXの胴体の開発と体系総合も難しい作業だった。柳本部長は「ADDは探索開発で出したKFXの形状を9回も修正した」とし「今は立派な最終形態が出ている」と伝えた。しかし戦闘機の重量を減らすのに困難が多かった。柳本部長は「KFXの目標重量は12.1トンだが、追加要求に備えて500キロの減量がカギだった」とし「1キロ減量する研究員に10万ウォンずつインセンティブを与えた」と語った。エンジンを除いた23万個の部品をすべて設計に反映するのも複雑だった。自動車部品は2、3万個だ。

現在、KAI泗川(サチョン)工場では1250人の研究員とエンジニアがKFX開発に専念している。この人材でKFXのステルス化と英国やフランスのように第6世代戦闘機の開発準備も進められる。KAIは2021年4月に最初の試作機を出庫し、試験飛行を経て2026年に第1次として戦闘機8機を空軍に納品する計画だ。しかし先進国の5-8年より短い4年の飛行試験に対する懸念もある。

キム・ミンソク軍事安保研究所長/論説委員
最強性能の予感…韓国型戦闘機事業が本軌道に(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    最強性能の予感…韓国型戦闘機事業が本軌道に(2)

    2019.09.27 13:46
    뉴스 메뉴 보기
    (上)国防科学研究所が26日に公開したKFX用多機能位相配列(AESA)レーダーの実物。(下)レーダーを構成するモジュールセット。拳より小さいが4500万ウォン(約400万円)もする。[写真 国防科学研究所]
    TOP