주요 기사 바로가기

韓国統一外交安保特補「米国、北朝鮮の制裁緩和に柔軟な姿示すべき」

ⓒ 中央日報日本語版2019.09.19 08:12
0
韓国の文正仁(ムン・ジョンイン)統一外交安保特別補佐官は近く開かれると予想されている米朝実務交渉に対して「北朝鮮が望んでいる安全保障と制裁緩和に対して、米国がより柔軟な姿勢で出る必要がある」と話した。

文氏は18日、統一研究院がグランドアンバサダーソウルで開催した国際学術会議「9・19平壌(ピョンヤン)共同宣言1周年評価:成果と課題」で、「米国が(米国の考えを)迂回的に間接的に表現するのではなく、はっきりと北朝鮮に信号(シグナル)を送ってこそ北朝鮮官僚も交渉テーブルに出てくる」と述べた。

文氏は「(北朝鮮交渉代表として)崔善姫(チェ・ソンヒ)第1外務次官や金明吉(キム・ミョンギル)、クォン・ジョングンが出てきても、今回の実務交渉で何か具体的なものを得て平壌に行かなければ、その次からは確信がなければ交渉テーブルに出てこないだろう」としながら「米国も北朝鮮の心をよく読んで今回の実務交渉で顕著な結果が出せるようにすることが望ましい」と強調した。

続いて「実務交渉がうまくいって北朝鮮が具体的な非核化への歩みを見せ、米国も相応の措置を取れば、平壌でトランプ大統領と金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が3回目の首脳会談を開き、次の手順は金委員長のソウル答礼訪問になるかもしれない」とし「そうすれば南北、米朝、韓米関係と多者関係がすべて好循環となるだろう」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国統一外交安保特補「米国、北朝鮮の制裁緩和に柔軟な姿示すべき」

    2019.09.19 08:12
    뉴스 메뉴 보기
    文正仁・大統領統一外交安保特別補佐官
    TOP