주요 기사 바로가기

北朝鮮、超大型ロケット砲3発発射?…9回目の連続成功後に失敗の可能性

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.09.11 15:00
0
北朝鮮が10日、「超大型ロケット砲」の試験射撃に失敗したという見方が出てきた。超大型ロケット砲は先月24日に初発射に成功した後、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が「北朝鮮式戦略戦術武器」と称賛した武器だ。5月4日に「北朝鮮版イスカンデル」と言われる短距離弾道ミサイル「KN-23」を発射させた後で、9回のさまざまな飛翔体の試験射撃に成功した北朝鮮が10回目にして失敗を味わったということだ。

11日、北朝鮮の官営メディア「朝鮮中央通信」が公開した10日の写真によると、超大型ロケット砲は4本の発射管に入れられた状態で試験射撃を始めた。試験射撃を終わらせた後、発射管4本のうち3本の前面の蓋が開いていた。残り1本は赤色の蓋がそのまま残っていた。発射管の後面写真でも全体4本の蓋のうち1本は閉じたままだった。3発射撃の可能性が浮上している背景だ。「北朝鮮が平安南道价川(ピョンアンナムド・ケチョン)から未詳の短距離飛翔体2発を発射した」という合同参謀本部の発表内容とは違う。

ミサイル専門家であるクォン・ヨンス元国防大教授は「『ロケット砲』は多連装ロケットの北朝鮮式用語だ。一度に数発を同時発射させるよう作った武器」とし「北朝鮮が連発射撃を試みたが失敗した可能性がある」と分析した。軍関係者は「軍当局が10日に追跡した北朝鮮の飛翔体は計2つ」としながらも「北朝鮮が3発発射した可能性について追加分析中」と話した。北朝鮮が超大型ロケット砲3発を発射したが、2発だけ飛行した可能性が提起されている。残り1発が推進体の不良のため発射管から発射させることができなかったか、頂点高度に至ることができなかった状態で爆発したか可能性があるというのが軍当局の分析だ。

また、軍当局が10日、超大型ロケット砲2発の飛行を追跡する過程で1発が目標地点である咸鏡南道舞水端里(ハムギョンナムド・ムスダンリ)沖の島に落ちていないことが分かった。また別の軍関係者は「精密分析が必要だが、内陸に落ちたか空中で爆発したものと推定している」と話した。

そのためか北朝鮮は10日の試験射撃に対して「成功裏に行われた」とは発表しなかった。先月24日の超大型ロケット砲の初発射に関しては「金委員長の指導の下に成功裏に試験発射した」と明らかにしたときとは様子が違う。ただし、朝鮮中央通信は「武器体系完成の次の段階方向をはっきりと決定づける契機になった」と報じた。クォン・ヨンス元教授は「北朝鮮が解決しなければならない技術的問題を発見したという意味で読むことができる」と説明した。朝鮮中央通信は「(金委員長が)今後、連発射撃試験だけを進めればよいという評価を下した」としながら追加試験発射を予告した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP