주요 기사 바로가기

韓経:文在寅大統領、来月東南アジア3カ国を歴訪

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.08.26 09:53
0
青瓦台(チョンワデ、大統領府)は25日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が来月1日から6日まで5泊6日間、タイ、ミャンマー、ラオスなど東南アジア3カ国の歴訪αに出ると発表した。

タイは公式訪問、ミャンマーとラオスは国賓訪問だ。これで文大統領は就任後ASEAN(東南アジア諸国連合)10カ国を全部訪問することになった。文大統領は就任初年度である2017年11月、ASEAN関連首脳会議の参加のために訪問したフィリピンで「平和のための共同体」という韓・ASEAN未来共同体の構想を明らかにして任期内にASEAN10カ国を訪れると約束した。文大統領は11月釜山(プサン)で開かれる韓・ASEAN特別首脳会議と第1回韓・メコン首脳会議を控えてアジアの新成長動力の主軸であるASEANおよびメコン川周辺諸国との協力を強化する方針だ。

高ミン廷(コ・ミンジョン)青瓦台報道官は「タイ、ミャンマー、ラオスは韓国の外交・経済地平の拡大のために重点的に推進している新南方政策の核心国家」とし「3カ国いずれも韓・メコン協力を高めるために11月初めて開催される韓・メコン首脳会議の成功のためのパートナーでもある」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓経:文在寅大統領、来月東南アジア3カ国を歴訪

    2019.08.26 09:53
    뉴스 메뉴 보기
    文在寅大統領
    TOP