주요 기사 바로가기

欧州人日本軍性的奴隷被害者のジャン・ラフ・オハーンさん死去

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.08.21 08:28
0
第2次世界大戦当時、インドネシアを占領した日本軍によって性的奴隷被害者になったオランダ界オーストラリア人のジャン・ラフ・オハーンさんが19日(現地時間)、亡くなった。96歳。

オーストラリア現地メディアはオハーンさんが19日、家族が見守る中でオーストラリア・南オーストラリア州アデレードで息を引き取ったと報じた。

1923年オランダ植民地だったインドネシア・ジャワ島で生まれた故オハーンさんは修道女会で生活していたところ、21歳だった1944年に日本軍に拉致されてスマラン「慰安所」に連れ去られて性的奴隷として苦難を強いられた。

終戦後、英国軍将校と結婚して1960年オーストラリアに移住した彼女はは1991年に金学順(キム・ハクスン)さんの最初の慰安婦証言を見て勇気を出して翌年オーストラリアの地域メディアに自身も慰安婦被害者であることを知らせた。同年、東京で開かれた戦後補償国際公聴会でも慰安婦被害を証言した。日本軍性的奴隷被害の事実を明らかにした欧州人はオハーンさんが初めてだった。

彼女は2000年日本軍性的奴隷戦犯の女性国際法廷に出席し、2007年米国下院聴聞会で故・金学順さん、李容洙(イ・ヨンス)さんとともに日本軍の残酷な犯罪を告発するなど、慰安婦問題の真実を欧米社会に発信することに大きな役割を果たした。

韓国の慰安婦被害者とともにオーストラリアのメルボルン・シドニーなどで平和・人権運動を行ったオハーンさんは2002年オーストラリア政府が授与する最高栄誉の国民勲章を受けた。彼女の孫娘であるルビー・チャレンジャー監督は昨年、被害者の日本軍による性的奴隷経験を扱った映画『Daily Bread』を公開した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP