주요 기사 바로가기

「少女と一緒に出かけましょう」…日本で小さい少女像を広げるキャンペーン

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.08.09 15:34
0
「この少女(少女像)と一緒に出かけましょう」。

日本の右翼政治勢力が慰安婦平和の少女像の展示を中断させて論議を呼ぶ中、日本ではミニチュア少女像をソーシャルネットワークサービス(SNS)で共有する運動が広まっている。

日本の市民団体「韓国併合100年東海行動」(以下、東海行動)によると、同団体はミニチュア平和の少女像と写真を撮ってSNSに載せる運動をしている。今年初めて始めた「小さい『平和の少女像』を広げるキャンペーン」だ。東海行動はキャンペーンに参加する人に作品の費用だけを受けてミニチュア少女像を送ったりもしている。

ミニチュア平和の少女像は在韓日本大使館前に設置された平和の少女像の縮小版で、縦・横それぞれ13センチ。作家のキム・ウンソンさんとキム・ソギョンさんが制作したもので、少女像の隣の席には空いた椅子もある。

この団体はキャンペーン参加者が送ってきた写真およそ1210枚をフェイスブック(https://www.facebook.com/peacestatueinjapan)とブログ(https://smallstatueofgirl.amebaownd.com)に掲載した。参加者は日常生活のさまざまな場所で少女像と一緒に出かけた写真を撮っている。少女像は花見にも、尹奉吉(ユン・ボンギル)義士が収監された金沢刑務所の前でも参加者と一緒だ。

ある参加者は「日本政府は慰安婦のおばあさんを否定している。おばあさんの人生は日本政府に剥奪された」というメッセージとともに食卓に置かれた少女像を撮影した写真を送った。別の参加者は「金学順(キム・ハクスン)さんの証言が載せられた記事を読んだ時の衝撃を忘れることはできない」として歴史キャンプに「同行」する少女像の写真を紹介した。「訪問者に同じ過ちを繰り返してはいけないというメッセージを知らせるため」に小さい少女像を家の玄関に置いたという人もいた。

東海行動はキャンペーン広報映像で「二度と(少女像と慰安婦被害者を)独りにしない。ハルモニ(おばあさん)たちの話が広がり、多くの人が連帯してほしい」とし「不幸な歴史に向き合い、二度とこのようなことが繰り返されないことを祈る」と述べた。

このキャンペーンを主導する会社員の山本みはぎさん(女性、64)は昨年11月、名古屋で平和の少女像を制作したキム・ウンソンさん、キム・ソギョンさんに会い、慰安婦平和の少女像の話を初めて聞いた。山本さんは「日本国内に間違った歴史認識が広まり、少女像の日本国内展示が難しい状況で、少女像の意味を日本の人々に知らせる方法がないだろうかと考えてキャンペーンを始めた」とし「韓国と日本の市民がお互いを理解し、共に(日本の)歴史修正主義に対抗して戦わなければいけない」と話した。

平和の少女像はミニチュア形態の模型が2012年に東京都美術館で展示されたが撤去されたことがある。2015年に東京のあるギャラリーで開かれた「表現の不自由展」で展示された後、今回のあいちトリエンナーレの企画展に現れたが、公開3日目に展示が中断された。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「少女と一緒に出かけましょう」…日本で小さい少女像を広げるキャンペーン

    2019.08.09 15:34
    뉴스 메뉴 보기
    [写真 東海の行動フェイスブック]
    TOP