주요 기사 바로가기

「日本、経済報復の世論戦のために自国民のトラウマ『サリン』まで活用」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.07.10 11:57
0
日本のNHKが9日「原材料は化学兵器のサリンなどに転用される可能性もあるにもかかわらず、一部の韓国企業が発注先の日本企業に急いで納入するよう迫ることが常態化している」として日本の経済報復措置を正当化した。これに対して韓国化学専門家と企業は「根拠のない主張」と一蹴した。論議を呼んだエッチングガスについて調べてみた。

エッチングガスは純度99.999%である「高純度」のフッ化水素だ。半導体を作る時欠かせない工程であるウェハーを削る「エッチング」に使う。日本企業が全世界の需要の9割以上を生産する。化学的に見てフッ化水素とは何だろうか。フッ素・水素の原子が一つずつくっついている構造だ。水とよく混ざる特性を持つ。人がガス形態で吸い込んだ時、体内の肺・気管支にある水分と会って毒性物質である「フッ酸」に変わる。毒性物質であるフッ酸は体内で肺などに炎症を起こす。激しい場合、呼吸困難で死亡に至らせる可能性がある。

このようなフッ化水素を化学兵器を作ることに使えるというのは事実。特に、呼吸器に影響を及ぼしかねず、生化学兵器の製造に活用することができる。日本の主張の通りに核兵器の核心である高濃縮ウランを作ることにも使われる。ウラン鉱石をフッ化水素で溶かせば、ウランが六フッ化ウラン(UF6)に変わる。高濃縮ウランはUF6を遠心分離機を通じて得られる。

だが、上記したフッ化水素が「高純度」のフッ化水素ということから根拠のない主張といえる。ソルブレインなど韓国企業が低純度(純度97%内外)のフッ化水素を生産するのはもちろん、中国企業も低純度のフッ化水素を作る。ところが、この低純度のフッ化水素でも十分に生化学兵器や高濃縮ウランを作ることができる。

産業通商資源部関係者は「日本側の主張通りだとしても容易な道があるのに、韓国がわざわざ難しい道に回っていったということ」と話した。西江(ソガン)大学化学科のイ・ドクァン教授は「かつて毒ガスを作ったりウランを濃縮したりする時は低純度のフッ化水素を使ってきた」として「あえて高いうえに手に入れることも難しい日本産高濃度のフッ化水素を該当目的で使う理由がない」と指摘した。

フッ化水素を化学兵器の製造に使うということ自体が基本的に不可能だという指摘もある。韓国のある半導体会社関係者は「輸入原料の中でもフッ化水素のような毒性物質は注文量・入庫量を完ぺきに確認している」として「フッ化水素が外部に漏れるのは不可能だ」と話した。

日本政府がサリンガスに言及したのはサリンガスに対する日本人の「トラウマ」を国内世論戦で十分活用するためという分析がある。サリンガスは第1次世界大戦中にドイツ軍が化学兵器として使った神経毒ガスだ。無色・無臭だが、毒性が非常に強くて「沈黙の殺人者」と呼ばれる。本格的に有名になったのは戦争でない日常でテロのツールとして使われたためだ。日本で1995年オウム真理教が東京の地下鉄で毒ガステロを犯す時に使った。当時、テロにより13人が亡くなり、5000人以上のけが人が発生した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP