주요 기사 바로가기

米金利・韓日葛藤・貿易紛争…トリプル悪材料で韓国ウォン・株価下落

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.07.09 09:31
0
相次ぐ悪材料で体力を消耗した市場が崩れた。米中貿易紛争の影響などで韓国企業の利益が減少する中、韓日貿易問題や米利下げ圧力低下などのニュースで株価が大幅に下落した。ウォン安も進んだ。

8日の韓国取引所によると、KOSPI(韓国総合株価指数)は前週末比2.2%(46.42ポイント)下落した2064.17で取引を終えた。一日の下落率では5月9日(3.04%下落)以来の落ち幅となった。機関投資家が549億ウォン(約51億円)の売り越しとなった中、外国人投資家は終盤に88億ウォンの買い越しに転じた。時価総額上位株はほとんど値下がりした。時価総額1位のサムスン電子は前週末比2.74%下落した4万4400ウォンで取引を終えた。

SKハイニックス(-1.46%)、現代自動車(-2.12%)、LG化学(-2.68%)も大幅に下落した。時価総額20位圏の銘柄のうちサムスンバイオロジクス(0.8%上昇)だけが小幅上昇した。

悪材料にさらに大きな影響を受けたのはKOSDAQ市場だ。KOSDAQは前週末比3.67%(25.54ポイント)下落した668.72で引けた。下落幅は昨年10月29日以降の8カ月間で最も大きかった。外国人投資家(981億ウォン)と機関投資家(281億ウォン)が株を売って指数を引き下げた。

ウォン安も進んだ。この日、ソウル外国為替市場で韓国ウォンは11.6ウォン値下がりした1ドル=1182.0ウォンで取引を終えた。

株価が急落したのは、日本の輸出規制で不確実性が高まり、韓国企業の業績などに対する懸念が強まったためと分析される。ユン・ヒド韓国投資証券リサーチセンター長は「拡大するおそれがある日本との貿易紛争イシューのため、サムスン電子やSKハイニックスなどの株価が大幅に値下がりし、指数が全般的に下落した」とし「日本が(韓国に向けた)多くのカードを準備していて、適切な時期にこれを取り出すことが考えられるため、衝撃はさらに大きくなるかもしれない」と述べた。

キム・ハクギュン信栄証券リサーチセンター長も「(日本との貿易問題のような)状況を初めて経験すること自体が不確実性要因であり、市場には悪材料」とし「21日の日本参議院選挙が終わり、米国がどのような反応を見せるかによって状況が緩和することもある」という見方を示した。

米国の利下げ圧力が弱まったのも市場に負担として作用したという評価だ。5日(現地時間)に発表された米国の雇用指標が市場の予想を上回り、米連邦準備制度理事会(FRB)の利下げに対する期待感が低下したからだ。ジャイアントステップ(0.5%)でなくベビーステップ(0.25%)の引き下げにとどまるという予想が多い。ユン・センター長は「景気減速に先制的に対応するためにFRBが金利を引き下げるという見方が多かったが、雇用指標上で景気減速が表れず、米国はもちろん韓国も利下げを先送りすると解釈され、市場に負担として作用した」と説明した。

国内企業の基礎体力(ファンダメンタルズ)低下と韓国経済に対する懸念のために市場が揺れたという見方もある。ソ・ヨンホKB証券リサーチセンター長は「現時点で今年の上場企業の営業利益率下落率は29%と予想されている」とし「企業の利益が増えない状況では株価上昇を期待するのは難しい」と述べた。

日本との貿易問題が深刻化すれば、韓国経済に及ぼす打撃はさらに強まるしかない。今年の経済成長率を1%台に落とすという見方も出ているほどだ。ハイ投資証券のパク・サンヒョン研究員は「日本の輸出規制で国内半導体などIT産業の輸出と生産に支障が生じれば、成長率は1%台に落ちるだろう」と予想した。KB証券も日本の輸出規制が長期局面に入って輸出物量が10%減少すれば、経済成長率は0.6%ポイント下落する可能性があると指摘した。政府は今年の経済成長率予測を最近2.4-2.5%に下方修正した。

ク・ヨンウク未来アセット大宇リサーチセンター長は「現在市場が揺れているのは心理的な要因が強いため、こうした流れがいつまで続くかは予測しにくい」とし「金利や貿易問題が同時に作用すれば変動性はさらに大きくなるしかない」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP