주요 기사 바로가기

韓経:韓国金融委員長「日本が金融報復しても影響ない」…しかし海外工場の資金途絶えれば打撃

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.07.08 10:57
0
「日本が金融部門で報復措置を取るすべての可能性を点検した。最悪の状況は新規貸付と満期延長を中断することだが、そうなったとしても対処に大きな困難はないとみている」。

崔鍾球(チェ・ジョング)金融委員長は5日に記者らと会った席で、「2008年の金融危機当時とは違い韓国経済は安定している。日本が資金を貸さなくてもいくらでも違うところから借りられる」と言い切った。だが金融市場は緊張モードだ。日本の大手銀行が資金を回収する兆しが現れており、韓国企業の海外法人をターゲットにするかも知れないといううわさも出回り始めた。不吉な影が少しずつ差しているという診断だ。

◇金融報復シナリオの点検に出た韓国政府

金融圏は半導体・ディスプレー材料の輸出制限で始まった日本の経済報復が「貸し渋り・貸し剥がし」に続く可能性に神経を尖らせている。1997年に日系銀行がいち早く短期対外債務回収に出たのが韓国通貨危機の決定打になった痛恨の記憶もある。

7日の業界によると金融委員会、金融監督院、都市銀行などは今月初めから相次いで実務会議を開き、日本の金融報復に備えたシナリオを点検している。韓国政府は日本国内で営業中の韓国企業の信用萎縮の可能性を懸念している。日系銀行から資金を借りたり、債券発行で資金を調達する韓国系銀行と企業の流動性状況もやはり鋭意注視している。3月に日本の麻生太郎副総理が言及した送金制限がマネーロンダリング防止強化などを名分に施行される可能性もチェックしている。日本製原材料を使う韓国企業の信用リスクもまた点検ポイントだ。

韓国政府は日系資金の規模と特性などを考慮すると「心配しなくても良い」という立場だ。崔委員長は「送金制限、投資回収などさまざまなシナリオをともに探ってみたが現実化される可能性が大きくなかったり補完措置を通じて十分に対応できる」と話した。だが専門家らは韓国向けの日系資金規模が減る素地は多いと指摘した。

◇日系銀行、韓国から資金引き揚げるか

国際決済銀行(BIS)と日本銀行の統計によると日系銀行が韓国企業に貸し付けた資金(総与信)は昨年9月末基準で586億ドルに達する。韓国国内だけでなく海外各地に進出した韓国系金融会社、民間企業、公企業などに対する日系銀行の与信をすべて含んだ数値だ。このうち57.7%が海外に進出した韓国企業が調達した金額だ。

ある経済研究所関係者は「日本が金融報復に出るならば世界のどこであれ隠密に韓国企業をターゲットにするだろう。海外法人が現地に進出した日系銀行から資金を調達することなどが難しくなるかもしれない」と指摘した。日系格付け会社が韓国関連債券の信用評価を落とせば韓国企業の資金調達が不利になる可能性もある。

韓国の金融市場ではすでに昨年下半期から日本の大手銀行の資金回収が始まっている。三菱フィナンシャルグループ、三井住友フィナンシャルグループなど4大日系銀行の韓国内総与信は3月末基準で18兆2995億ウォンだ。昨年9月末の21兆817億ウォン、12月末の19兆5196億ウォンに続き減り続けている。世界的に安全資産人気が高まり、日本銀行が対外エクスポージャー(リスク露出度)を減らしたという解釈が支配的だが、韓国をターゲットとする場合、減少の勢いはさらに強まるかもしれないという懸念も出ている。

◇「日本が使うカードは多い」

日系銀行は韓国企業に魅力的な資金源だった。金利が低く貸付規模も大きかった。日本政府レベルの「隠密な指針」が下されれば状況は変わりかねない。突然の資金回収は韓国企業に衝撃を与えることになる。銀行圏関係者は「日系銀行はすぐには動かないだろうが、日本の輸出規制は金融市場にも徐々に影響を及ぼすことになるだろう」と話す。

日系資金が保有する韓国上場株式の価値は5月末基準で12兆4710億ウォンだ。全外国系資金の2.3%で、米国、英国などに続き9位だ。株式市場資金は割合が大きくない上に一糸不乱に動く可能性も小さく大きな影響はないだろうという見方が多い。

金融当局関係者は「金融報復の可能性は排除していないが、日本の措置が出る前から過度な不安感が広がれば金利など他の市場に悪影響を及ぼすかもしれない。静かな対応が必要だ」とした。東海大学の金慶珠(キム・ギョンジュ)教授は「製造業と金融業で日本が使えるカードが相当多い。政治的目的の一時的措置と考えるのではなく、中長期的観点から両国間の信頼を1日も早く取り戻さなければならない」と話した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓経:韓国金融委員長「日本が金融報復しても影響ない」…しかし海外工場の資金途絶えれば打撃

    2019.07.08 10:57
    뉴스 메뉴 보기
    崔鍾球金融委員長は5日に担当記者団懇談会で「日本が金融部門で報復措置をしても対処に大きな困難はない」と話した(写真=金融委員会)
    TOP