주요 기사 바로가기

韓国現代商船、日本のONEなどが属する世界3大海運アライアンスに加入

ⓒ 中央日報日本語版2019.07.02 11:52
0
韓国海洋水産部は2日、現代商船が2020年4月から世界3大海運アライアンスのひとつである「ザ・アライアンス」の正規メンバーとして加入し協力運航を始めると明らかにした。

ザ・アライアンスはドイツのハパックロイド、日本のONE、台湾の陽明海運の3社が加入する海運アライアンスで、2017年4月から協力を開始し、今回現代商船が4社目のメンバーとして加入することになった。

現代商船は2017年4月から2Mアライアンスと「2M+H」という戦略的協力関係契約を結び限定的な協力をしてきた。だが2Mとの戦略的協力が2020年3月に終了する予定であることから新たな海運アライアンス加入が必要な状況だった。これを受け昨年下半期から3大海運アライアンスすべてと加入交渉を進め、最終的に現代商船の立場で最も条件が良いザ・アライアンスに加入することに決めた。

今回の海運アライアンス加入で現代商船はグローバル海運市場で信頼を回復し、コスト構造改善、サービス航路多角化などが可能になると期待される。海洋水産部の文成赫(ムン・ソンヒョク)長官は「ザ・アライアンスとの協力が本格化し超大型コンテナ船が順調に投入されれば2020年下半期からは現代商船の営業利益が大きく改善すると期待される。今後も韓国を代表する遠洋海運会社の現代商船の経営が早く正常化できるよう積極支援する計画だ」と明らかにした。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国現代商船、日本のONEなどが属する世界3大海運アライアンスに加入

    2019.07.02 11:52
    뉴스 메뉴 보기
    現代商船の1万3100TEUコンテナ船(写真=現代商船)
    TOP