주요 기사 바로가기

「文大統領、お客さんに転落」…韓国野党、米朝会談に「セルフパッシング」苦言

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.07.01 15:31
0
先月30日に行われた電撃的な米朝首脳会談に対して野党圏が1日、相次いで批判の声をあげた。米国のドナルド・トランプ大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の会談については評価する一方で、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の存在感が不十分だったことを厳しく指摘した。

韓国最大野党「自由韓国党」の黄教安(ファン・ギョアン)代表はこの日、党最高委員会議で「歴史的意味を肯定的に評価しながら今後の交渉が巡航するよう期待する」としつつも「昨日の会談に文在寅大統領が出席できなかったことは極めて残念な部分」と話した。続いて「北朝鮮の通米封南(北朝鮮が米国と接触しながら韓国政府の参与を封じる外交戦略)と米国の自国優先主義の間でまた別の深刻な脅威に直面することになるかもしれない」とした。

同党の羅卿ウォン(ナ・ギョンウォン)院内代表は「文大統領が運転者としてスタートして仲裁者を自任していたが、今はもうお客さんに転落したのではないかという気がする」と批判した。

羅院内代表は「大韓民国は北核問題において運転者・仲裁者・促進者という言葉はこれ以上必要ない。大韓民国は当事者であり主人だ」とし「主人である大韓民国が会談場外で待機する現実は決して歓迎に値するようなことではない。非核化を米朝首脳間の会談に頼った消極的かつ受動的な姿勢が『セルフパッシング』を自らまねきかねないのではないかと心配になる」とした。

米朝首脳会談に対しても「実際に変わったものはない。核ミサイル、対北制裁の状況は2年前と同じだ」と強調した。

また、正しい未来党の孫鶴圭(ソン・ハッキュ)代表も、この日開かれた最高委員会議で「大韓民国領土内で行われた会談で大統領は役割もなかった」と指摘した。孫代表は「トランプ大統領が一人で境界線で金正恩を迎え、会談場所には星条旗と北朝鮮の国旗だけが掲げられていた」とし「南・北・米の首脳が共にいた時間は3分に過ぎない。米朝首脳会談が行われた53分間、文大統領は別室で待っていなければならなかった」と話した。孫代表は「歴史的な米朝首脳会談を大きく歓迎しているが、大韓民国が仲間はずれにされたりコリアパッシングが発生したりしてはいけない」と付け加えた。

無所属の李彦周(イ・オンジュ)議員もこの日、フェイスブックに「〔青瓦台(チョンワデ、大統領府)が〕『南北米会談』としてちやほやしたい気持ちは理解するが、正直なところきまり悪い」とし「会談なら行き来した実質的な話がなければならないのに文大統領の役割は案内程度だったようだ」と話した。

会談に対しても「これを果たして『米朝会談』というに値するかは疑問だ。ただ『トランプ-金正恩が会って板門店(パンムンジョム)北側の土を踏みハノイでの会談決裂後に進展がないので努力してみることにした』という程度ではないかと思う」とし「1本の素敵なリアリティーショーでもあったが、実際に非核化は何の進展もなかった」と厳しく批判した。また「会談内容について青瓦台がこれといった話をできないところを見ると、実際に特に発表するほどの内容がなかったか、そうでなければわれわれに両首脳が教えてくれなかったかの2つに1つだ」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「文大統領、お客さんに転落」…韓国野党、米朝会談に「セルフパッシング」苦言

    2019.07.01 15:31
    뉴스 메뉴 보기
    自由韓国党の羅卿ウォン(ナ・ギョンウォン)院内代表
    TOP