주요 기사 바로가기

北朝鮮「南側当局者、朝米対話に口出しするな」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.06.27 14:47
0
北朝鮮が27日、米国が交渉態度を変えてこそ米朝対話が再開すると主張し、「我々が繰り返す警告は決して口先だけでないということを肝に銘じるのがよいだろう」と圧力を加えた。また、南側当局には「対話の当事者は我々(北朝鮮)と米国」とし「決して南朝鮮当局が口出しすることではない」と不満を表した。

北朝鮮はこの日、キム・ジョングン外務省米国担当局長の名前で談話を発表し、「最近、米国は言葉で朝米対話を云々しながら、実際には我々への敵対行為をいつよりも卑劣に敢行している」と非難した。

続いて「米国が双方の利害関係に合う現実的な案を用意する考えなく、対話の再開をオウムのように繰り返しても、朝米対話は自ずと開かれるものではない」とし「米国が正しい判断を持って出てこなければいけない。その時限は年末までだ」と釘を刺した。

北朝鮮は「米国と対話をするとしても交渉姿勢が正しくなければならず、話が通じる人と交渉しなければいけない。まともな代案を持ってきてこそ交渉も開かれる」とし「今のように米国が腕組みをして座っているなら時間は十分かもしれないが、結果を出すために動こうとすれば時間的な余裕は多くないはず」と警告した。

また北朝鮮は「朝米関係を『仲裁』するかのように世論化して位置づけを高めようとする南朝鮮当局者にも一言いいたい」とし「自分たちも加わって何か大きなことをしているような雰囲気を漂わせながら、自らの立場を見いだそうと、南北の間でも依然としてさまざまな経路で何か対話が進行しているかのように世論をつくっている」と非難した。

北朝鮮は「朝米関係はわが国務委員会委員長同志と米国大統領の間の関係に基づいている」とし「連絡するのも朝米間で稼働している連絡通路を利用すればよく、交渉する場合は朝米が直接向かい合って座るため、南朝鮮当局を通すことは決してない」と主張した。さらに「いま南北間で何かさまざまな交流と水面下の対話が進行しているように広告しているが、そのようなものは一つもない」とし「南朝鮮当局は自分たちのことでもまともにするのがよい」と指摘した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    北朝鮮「南側当局者、朝米対話に口出しするな」

    2019.06.27 14:47
    뉴스 메뉴 보기
    北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(中央フォト)
    TOP