주요 기사 바로가기

韓国警察、「性接待疑惑」YGエンタのヤン・ヒョンソク前代表を召喚調査

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.06.27 08:39
0
外国人投資家に性接待をしたという疑惑が提起されたYGエンターテインメントのヤン・ヒョンソク前代表プロデューサーが26日、警察に出席して取り調べを受けた。ソウル地方警察庁広域捜査隊はこの日午後、ヤン前代表を参考人として召喚したと明らかにした。

これに先立ち、MBC(文化放送)時事番組『ストレート』はヤン前代表が2014年7月、YG所属の歌手とソウルで東南アジア財力家らとの食事会を通じて性接待をした疑惑があると報じた。この席には招待された女性25人程度がおり、その中で10人以上は遊興業界従事女性だと『ストレート』は伝えた。また「チョン・マダム」と呼ばれる江南(カンナム)の風俗店従事者と歌手1人が同席したと報じた。その後、東南アジア財力家の中で1人であるジョー・ロー氏(38)によりこの有名歌手がPSY(サイ)だったという事実が明らかになった。

疑惑が提起されるとYG側は「全く事実でない。知人から招待されて該当席に同席したことはあるが、いかなる接待もしたことがない」と反論した。PSYは自身のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)に「ジョー・ローさんをヤン・ヒョンソクさんに紹介した」として「ジョー・ローさんとその一行がアジア日程中に韓国を訪問した時に招待されて私とヤン・ヒョンソクさんが参加し、招待された人々と食事をして酒を飲んだ後出てきてヤン・ヒョンソクさんは先に席から離れた」と釈明した。警察は最近「チョン・マダム」とPSY二人とも参考人として呼んで取り調べた。

売春処罰法によると、売春斡旋など行為の法廷最高刑は懲役3年で公訴時効は5年だ。取り調べを通じて2014年7月以降に追加売春関連事実が明らかにならない限り、この事件の公訴時効は1カ月しか残っていない。

匿名を要求した警察関係者は「5年前の事件ということから証拠を探すには物理的な限界があり、関連者も黙っており捜査が進んでいない」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国警察、「性接待疑惑」YGエンタのヤン・ヒョンソク前代表を召喚調査

    2019.06.27 08:39
    뉴스 메뉴 보기
    YGエンターテインメントのヤン・ヒョンソク前代表
    TOP