주요 기사 바로가기

韓国VANK、旭日旗の実体知らせる動画を公開…ハーケンクロイツと比較

ⓒ 中央日報日本語版2019.06.25 12:03
0
韓国のサイバー外交活動団体であるVANKが日本の旭日旗広報に対応し、ナチスの象徴であるハーケンクロイツ(かぎ十字)と比較する動画を24日にユーチューブに掲載した。

この動画は「日本の旭日戦犯旗の実体を世界に知らせるVANK青年たちの挑戦」という題名で、6分50秒の長さで作られた。現在は韓国語字幕だけだが、近く英語字幕も作り、フェイスブックとツイッターなどSNSとともに世界各地のホロコースト関連団体にも広報する予定だ。

動画は「ある日突然ドイツ政府が『ナチスドイツの象徴であるハーケンクロイツはドイツで長く広く使われてきた。これはドイツ軍の旗として国際社会が認めている。また、現代ドイツ社会で幅広く使われている』で言うならば欧州の人たちはどのように反応するでしょうか」という質問で始まる。

続けて、ハーケンクロイツを使うのは欧州では想像もできないことなのに、アジアでは旭日旗が公然と使われているとし、「旭日旗は1870年に正式に日本陸軍の軍旗として使われ、1889年に日本海軍旗に採択された。侵略戦争犯罪を遂行する過程で利用された帝国主義戦犯旗」と主張した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国VANK、旭日旗の実体知らせる動画を公開…ハーケンクロイツと比較

    2019.06.25 12:03
    뉴스 메뉴 보기
    「旭日旗」
    TOP